Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »
最近の記事

疲労感の中で坂ダッシュ10本  

おばんです。

昨日の疲労残りでスピ練を止め様子を見ましたが、
今朝もかなりの疲労感があったことから、スピ練は見合わせました。
今週末のレースのことを考えれば、その選択は有りと思うことにします。


■早朝ラン約50分 坂ダッシュ200*10

富士登山競争が控えているので、
ジョグでもなんでも坂練をするようにしてますけど、
当然に昨日のメニューも疲労アリとはいえ納得できないので
何本かでもやろうと坂練を始めるわけです。

ダルオモで出来るはずもないと思いながら走り出すと、
意識しなくてはならないことを思い出し、
腰回り中心に確認していくと、いつの間にか乗ってくる感じで、
時間ギリギリで止めましたが、なんとなく10本やれたのでいいかなと。
心拍数も77%から始まり90%まで持って行けた。

最後は流し2本入れて終了。
ゆっくり入って最後は息が上がる100歩が心地いい。


※脚は、膝から上の部分をもっと前に入れた方が良い。それでも着地は真下にできる。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

昨日と今日は疲労抜きに専念。  

おばんです。

昨日今日の状態で
日曜日までの練習負荷が高かったと痛感してます。

■5/21月 早朝ジョグ 約45分

■5/22火 早朝ジョグ 約45分 坂ダッシュ100m*3 WS100*2

骨盤の真横、足の付け根辺りが響くように痛くて
思うように走れないから、それを散らすように疲労抜きに努めました。
全体的に体も重いし。。。

ただ、WSは良い感じ。
脱力に努め、100mの中でもBU的に走ったことが
こういう感覚を大事にしようと思えた。
この動きをマスターすることで速くなれるのかも。


■5/22火 夜ジョグ 約25分

スピ練しようと思ったけど、身体が重くて止めた。
ここで無理しても仕方ないと自分で制限できたことが珍しい。
今週末はトレランのレースが待っているからかも。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:ショグ

tb: --   cm: 0

第3回泉ヶ岳坂練。  

おばんです。

今日は町内清掃日のため早起き。
資源回収等も済ませ、泉ヶ岳へ。

快晴だけど、ノースリでは少し肌寒い。
結局はそれも始めだけで汗だくで
ペットボトル1本の補給も心許なかったなぁ。。。

■坂練約20km 平均10%勾配の3kmを往復3本

ぺーすはどうあれ、3本こなすことを第一に、
上りでの良い姿勢を最後まで意識すること。
後半はなかなか良い感じで走れたし、
ハムもかなり張っていたので、この走り方は間違いないと思う。


■起伏走約10km

家に戻って来てからのんびり過ごしていると、
良かった動きを確認したくなり、もう一度外に出て、
ゆっくりペースでもいいからと姿勢を確認。
かなり疲れていたので700/kmのつもりだったけど、
5%程度の坂で600/km前後で上りも走れてた。
まだ身体は覚えていたと一安心。

明日以降も覚えていてほしい(*'▽')


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

仙台国際ハーフマラソンで学んだこと②  

おばんです。

今日はやたら身体が重かった。
木曜のポイント練習の疲れからかな?
そうなればやはり二日は空けないと
次のポイント練が出来ないことになるのかぁ。
ちょっと残念。


さて、
レース中盤で気付いたランニングフォームについて。

仙台ハーフで良い感覚で走れた時のペースは425/kmくらい。
身体が軽いとは言わないまでも重くはなかった。

それまでも頑張って走っていたけどペースとしてはそんなに変わらない。
力みで腕が振れてないとかあったのかも。
ペースを上げようとしたときと
安定して走ることを意識した時のペースがそれほど変わらないなら、
後者をイメージした走りを身に付けたい。

400/kmでもジョグと感じる人がいる中では
どちらにしても遅いわけで、
フォームが洗練されていくと楽に走れるの?
走れるんだよね?

というわけで、
今までも試行錯誤しながら来たけど、
この時の感覚を突き詰めていくことに決めた。


◇腰周り中心。

腰の左右を前にスイング。
腕振りは抑える方向で。

最近は、、、
ここのところしばらくかな。
ラン仲間たちのフォームを何となく見ていることが多い。

その中で、フォームはおおまかに3つに分類されると思い始めた。
①前傾姿勢が強いタイプ
②直立に見えるタイプ
③沈み込むようなタイプ

受けるイメージは、
①も③も力強く、②は静か。

①は筋肉で走っているように見え、いかにも走っているという感じ。
②は実際には速くてもスピード感が分かりずらい。
③は躍動感みたいな、正面から見て左右が上下しているように見える。

①か③が良いと思っていたし、
それが正しいのだと分類する前からずっと考えていたのに、
今回気付いた点は②に近かった。

いろいろ試すよりも1つの方法を突き詰めていくやり方でやって行こう!
その方が、意識しなくてはならない点を最小限に留め、
いち早くスピード強化に繋げられような気がしてきたw

その身近なランナーは、
とにかくまっすぐとしか見えないフォームで
動きが小さい?そう見えるだけ?なのに
速いって意味わからない。
後ろに付くとピッチは同じでも離されるし。。。
きっと何か秘密があるw

ランニングフォーム、奥が深い!

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

仙台国際ハーフマラソンで学んだこと①  

おばんです。


今回のレースではたくさんの刺激を受けました。

素直に、このままではダメだと思った。

ラン友と走るのは楽しい。
それはランを続けるためには必要なことで情報交換もできるし、
やっぱり同じ趣味を持った仲間は頼もしいから。

みんなと一緒に楽しんで走りたい。
では、より楽しむ為にしっかり練習しよう!



レース当日の朝、
集まったラン友の中でも数名は仕上げて来てたのが分かった。
体つきや表情でね。
そして、ちゃんと結果が伴っていた。
この時期にPB更新出来るということはそういうことだと再認識。

それは、応援に回っていたラン友が写した写真でも一目瞭然で、
普段は見せない表情で必死に走っている姿には感動し、
自分も気持ちが高揚し、奮い立った。



その熱が冷めないうちにと翌日から練習再開。

5/14 早朝ジョグ10km
5/15 早朝坂ダッシュ200*8
5/16 早朝坂走300*5本+100*3
5/17 5kmLT走+坂ダッシュ300*10

故障しない加減とどのくらいなのか、
翌日も走れる状況にするための負荷とは、
疲労が程よいくらいまでの負荷とは。
継続して練習できるよう、探りさぐりで動いてみた。

現状では、レース翌日のハムの疲労がやっと抜けてきたので、
もう少し負荷を掛けられるような気がする。
いや、このくらいがちょうどいいのかな。

今日の状態も悪くない。
走ってみないと分からないけど疲労感もそれほどないような。
でも、土日に備えて休むことに。雨だし。



5/14月曜は、
レース疲れがありハムが筋肉痛で動けなかった。

翌日も同程度なのに、気持ちが勝ったのか坂練をやったら意外に行けた。
朝の限られた時間だったので止めたけど、もっとできたと思った。

ただし、そのダメージは翌日に表れ、ダッシュするまでには至らなかった。
それも悔しいので帰りがけの坂で100*3を全力でやった。

5/17木曜はポイント的にやろうと決めていた。
これまではLT走なら、それだけやって終わりのパターンも
走力を上げるためにはそれだけでは足りないと感じたため、
坂ダッシュを追加してみた。
LT走(設定424/km、結果→平均422/km)
結果からすると、
良くは出来たけど心肺の上限までには至らず、
身体が、特にハムが付いてこなかった感じ。

それでもここまでのメニューはこなせることが分かった。
やろうと思えばできるもんだ。
やってみて思ったけど、何でも全力でやれば良いものではなく、
坂練メインでも一度の練習では他のメニューを組み合わせることは、
身体が強くなると思えた。
これからはもう一段上げるメニューを考えてみよう。

少しは上り坂が走れるようになってきたかな?


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop