FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »
最近の記事

【レポ】~coast to coas~ 房総半島横断2018   

おばんです。


~coast to coas~ 房総半島横断2018

エプソンGPSデータ
距離:66.6km
累積標高:2497m

エイド(おおよそ)
13km過ぎ
25km
35km
47km
58km


エイドの水分、食べ物は十分にあり、
特に食べ物については、ガス欠を心配して沢山持って行ったものの大半を余すほど。

定番のバナナ、梅干し、塩以外に、それぞれのエイドでは
チョコ、シャリ玉、バームクーヘン、タルト、果物と違うものが置いてあり、
それだけで完走まで十分に行けたかも。
何気にコンソメスープは効いたなぁ。
あとはアミノ酸くらい持っていけばいい?というところ。

コースは感覚的に、
ロード50%、林道40%、山道10%という感じ。

まさに走りやすいコースで
シングルトラックも少ないのでストレスも軽減される。
ただ、今回は鎖場で渋滞にあったし、
シングルトラックでのノロノロ走行も結構あった。
ランナーのモラルの問題もあるけど、
昨年よりも参加者が大幅に増えたようなので
800人規模とするにはちょっと厳しいかも。
でも、完走を目指せる大会とすれば
それでも十分で、運営的には問題ないかも。



シューズはホカオネのチャレンジャーで行ったけど、
ロングの不安とコース種別を考えると良かったかなと。

ターサーやサンダルを履いている強者いたけど、
グリップを気にする箇所が少ないこと、
足の痛みで後半失速を避けたいことを考えると
ホカオネのボンダイあたりがちょうど良かったか。

ロードが多いこういうレースでは
重いトレランシューズでは厳しいし、
ロードの軽量シューズでは突き上げ他のダメージに不安があるから、
やっぱり厚底のホカオネが選択肢としてはいいかな。

チャレンジャーの良いところは、
前足部にグリップが有り、登りで引っかけていくと使えるし、
さらにローリングを利用して楽に走れるところ。
限度はありますけどね。
クッション性もクセになる。

弱点は当然に耐久性と
ローリングを利用しないとただの重いシューズでしかないこと。

48359603_1170756746421936_4533526121970401280_n.jpg

全体として。
参加人数が増えている大会なのは頷けるところ。
走りやすいし、Enduranceが4Pですからね!


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【結果】~coast to coast~ 房総半島横断2018  

おばんです。

帰宅しました。

DSC_2509.jpg

距離は約67kmでした。
参加者は850人くらい。
実際には何名か分かりませんが結構頑張った方かも。


にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

あさっては「~coast to coast~ 房総半島横断2018」  

おばんです。

■12/10月 ランオフ
■12/11火 朝ラン12km
■12/12水 ランオフ
■12/13木 ランオフ
■12/14金 ランオフ

久しぶりにこんなに休んだw
先週月~日で100km走ってるからレスト週ってことで(^_^;)


今週末は
「~coast to coast~ 房総半島横断2018」に出ます。
約70mのトレイル。

トレイルレースに出始めたのは昨年から。
徐々に免疫?が出来たらしく、身体も慣れてダメージが少なくなってきました。

最初の頃は
フルマラソン以上のダメージをハーフ以下の距離で受けていたけど、
トレイルならではの走り方が少しは身に付いてきたのか。

今回のレースで試しながら、来年のレースを踏まえた走りが出来たらいいな^^


明日は移動で5時間。
仙台から近いレースと思ってエントリーしたけど、
移動時間を考えると関西に遠征するのと変わりないかw

来年のレース計画はほぼほぼ決まっているけど、
移動時間の免疫も付いてきたような気がします。


にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

疲労抜きに徹した一週間  

おばんです。

仙台は今朝方に掛けて雪が積もりましたが
昼間の内に路面の雪は溶けてなくなりました。

■12/5水 ランオフ
■12/6木 朝ラン12km
■12/7金 朝ラン13km
■12/8土 朝ラン10km→2時間走約16km
■12/9日 夕ラン9km

水曜日。
前日のスピ練の疲れも筋肉痛も無し。
こういうときこそ、気を付けないといけないのでランオフ。

木曜日。
疲労抜きジョグでキロ7ベース。
やっぱり疲労は無いようでやたらとペースを上げそうになるも
とにかく抑えて、腕振り重視。

金曜日。
この日も4時起きしたので走る。
キロ7ベースもペースを上げられそう、
でも、上げないw
ここで走れても週末に繋がる感じはしない。

土曜日。
6時にSWGPへ。この冬一番の冷え込みで寒さに耐えられない。
走っているうちに動けるようになり、一緒に走っているラン友さんを追いかけ、
1㎞半のみペースを上げる。
7時頃には解散も、来週のトレイル70kmに備え、練習したくなり、
そのまま県民の森へ向かい朝練第二部のトレイル2時間走。
また、どのくらいのペースなら走る続けられるかを確認。
心拍ベースで130程度。走れるトレイルのペースで言うとキロ7を切るくらいか。

47506456_1165044800326464_4604144524007047168_n.jpg47573683_1165044833659794_3063365606892896256_n.jpg

日曜日。
積雪有りで朝ラン中止。
コンディションの良くなった夕方に疲労抜きジョグ。
やっぱりトレイルの疲れがあり、脚が重いので予定通り疲労抜き。
キツイけど、これがいい。
明日には回復していそう。


にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:ショグ

tb: --   cm: 0

陸上競技場でインターバル  

おばんです。

■12/3月 朝ラン13km
■12/4火 朝ラン14km、夜ラン15km【1,000×4、200×10】

10㎞レースの翌日、月曜日。
筋肉痛など全くない。
こんな日があるなんて、今までを考えたら信じられない。

参加賞の黒糖パンをすぐに食べたから?
打ち上げで熟成肉を食べたから?

でも、練習メニューは変えずに疲労抜ジョグ。
しかし、ペースが自然と上がり平均610/km程度。

身体に任せ、前日のいい感触を真似しながら走っていたので
これはこれでいいのだろうと思うことにした。


火曜日。
朝は同じく疲労抜きのつもりで走り出すも、やっぱり自然とペースが上がる。
これは良い傾向に思えたけど、中途半端にペースを上げるよりも
じっくりと体の動かし方を意識しながらゆっくり走ることが重要だと思った。

どうせ夜にはスピードを上げなくてはいけないのだから。

そしてその夜。陸上競技場へ。
参加者は二人。みな忙しいようだ。

メニューは1000×5本とした。
自分のペースは355/km設定、もう一人は349/km設定。

スタートしてみるとやっぱりか・・・と思えるほど重いし、動けない。
設定ペースも何もあったものじゃないTT
とにかく無理だー!と叫びたくなるほどキツくて4本で終了。

ま、故障しても嫌だしね・・・と理由付け

そして、ここで予想外のラン友一人が参上!

せっかく来てくれたので自分の追試として付き合うことにした。

・200×10本

44秒→38秒で完走。

ここではかなり動けた実感が残った。


にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:インターバル

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop