FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:坂練
カテゴリー「ランニング:坂練」の記事一覧

朝ラン【坂練+WS】  

おばんです。

お盆も通常勤務。
通勤の地下鉄はかなり空いているので快適です。

■8/13月 ランオフ
思ったほど、土日の疲れは残ってなくて走れそうだったけどランオフ

■8/14火 朝ラン 坂練450*5 WS*5

次の日になると、身体が重い感じがしたので
キロ7程度のジョグで入る。

2kmほど走ったところでいつもの坂に着き、
そのまま上り始める。
身体の使い方を確認しながらしっかり上り、
どの程度まで身体を傾けるのが良いのか、
また、下腹部辺りの意識もどのくらいの角度なのか、
膝の出方や着地点はどこなのか。

トータルでこれだってことまでには至らなかったけど、
腕振りは以前よりも角度を作れていて、回すと調子がいいように思える。

朝5時台とはいえ、1,2本こなすと汗だくで目に染みる。
Tシャツで拭いながら繰り返し5本やって時間切れかな?
もうちょっとできるかな?
だったら流しでもしようかと、100歩のWS。

一昨日の感触を思い出しながら、
力を抜いた状態、肩を落とし加減でふわっとした感覚から、
50歩からは素早く動かす意識で。
前半は余裕のある動きから、後半は強く動かす。
330-340kmで5本出来た。

やっぱり入りは余裕があった方が良い動きができるみたい。

明日の状態が気になる。
坂練の負荷ってどうなんだろ?
意外と連チャンで行けそうな気がする。
無理する必要も無いので、間は空けようと思うけど、
坂を上っているうちに、自然と心拍数が上がる動きになり、
ゆっくりのんびりと上る雰囲気でもなくなる。

あ、頑張りすぎるのはダメか。
疲労がまとめてやってきても困るからなぁ。。。


にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

朝ペーラン、夕は坂練は+WS  

おばんです。

昨日のインターバルのダメージはあるものの、
よく考えてみたら北海道マラソンが2週間後だったので
ペーランを20km以上やっておきたいと思い、
今日も昨日に引き続き、1kmトラックのある若林緑地へ。

■8/12日 約17km

515/kmあたりを通して行うことを目的に、
ウォーミングアップを兼ねて軽く入るとなぜか512/km。
身体は重く、軽く入ったつもりなのに速い。

その後も平均で452/kmほど。
途中からかなりの疲労度で身体はさらに重くなり
9周したところで、たまたまLSDで立ち寄ったラン友に遭遇。
早くもクッタクタだったので救いの神とばかりに、
そのまま一緒に走ることに。

「せっかくだから大年寺に行きましょう!」
大年寺
約2kmほど走るとある、仙台でも有数の階段の名所で、
自分計測で276段ある。
これを一気に駆け上がると絶対に脚がもたない。
とりあえずコース説明のために一回上がってからまた戻り、
再スタートして駆け上がると、意味が正しいかは分からないけど、
中腹ですでに脚に乳酸が溜まり酸欠状態。
そこからどうやって駆け上がれるか。
何とか身体を前に傾けながらゴールすると、
立っていられないほどの疲労に満足w
一応、自己ベスト更新。

その後、伊達家代々の当主のお墓を見学し、
ラン友とはお別れ。

そして、また若林緑地に戻るとそこにはまたラン友が。
今日は団体様で1kmTTをやるとのことで、
参加する体力もなくそのまま終了。


■8/12日 約9km

階段のダメージも昨日の疲労もハムに残してはいたけど、
やっぱり力まないイメージは掴んでおきたくなり、夕方に走る。

やっぱり坂かな。。。

いつもの坂道(6%)で450m*5
ゆるくでも良いと思っていたのに、
どんどん調子に乗って来て良いペースで上ると
下りでも力まないように工夫したほうが良いかもと、
身を任せると軽く400/kmを切れる。
下りメインの練習は今後もやっていくと繋がってくる部分が出てきそう。

当然、身体は重いのに下りで良い感覚を得られたから、
そのまま100歩のWSに入ると、昨日の走りがウソのように
340/kmで行けた。
こんな軽くで良いんだ!

そして、もう一本。
ふんわりと入り、50歩まではそのままで
そこから少し腕振りをより意識すると340/km。

さらにもう一本も340/km。

この感覚を忘れないよう。。。。
きっと忘れるけどw

色々と意識することはあるけど、
前傾は胸から倒れず、
力まずに腕振りをできたら、
脚もうまく蹴り上げられてるのかも。



にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

泉ヶ岳アウトドアフェスティバル試走。  

おばんです。

昨日は朝練の後、
午後からラン友たちと走り、
そのまま飲み会でした。

お喋りランでゆるっと。
朝ランの疲れがありながらも走れるものです。

■8/4土 約11km お喋りラン
■8/5日 約18km 山練で泉ヶ岳へ。

9月に泉ヶ岳アウトドアフェスティバルという
トレイルのレースがあり、初参加するラン友と
一緒に走ることに。
前日の飲み会で集合時間を決めたところ、
他にも何名かが手を挙げ、仲間が増えました。

最大7人。
コースを知っている自分が先頭でトレイルコースを進み、
コケた方も辛い思いした方もそれぞれに楽しみながら
怪我無く完走出来てホッとしていますw

コースが分かっていると
攻め方を身体が覚えているのか、
以前よりもテンポよく行けたので、
速くなるためには、
こういった同じコースを何度も走ることも必要なのかな。
トレイルでは。


にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

富士登山競走前、最後の山行。  

おばんです。

今日は全国的に暑い日。
仙台もそれに漏れず。。。
DSC_1398.jpg

しかし、実際にはこんな。
DSC_1390 - コピー
「桑沼」
モヤってなければきれいに見えるんですけどね。

■スプリングバレー~桑沼~北泉ヶ岳(標高1,253m)~泉ヶ岳(標高1,175m)~スプリングバレー
約16km 3時間 累積標高約1,000m

CollageMaker_20180715_184927659.jpg
登山道はこんな感じ。
走れるところ、走れなさそうなところを
自分の体力から見極め、足を置く場所を考えながらの行程は、
なかなか楽しいものです。

登りは攻める気持ちで行きましたが、
イメージの足の運びよりも先走ってしまい、
なかなか効率よくとはいかない。。。
脚上げ、腿上げのやり方は分かっているのに、
逸る気持ちを抑えて、
着実に練習しないと出来るようにはならないと確信。
しっかりと時間を取ってやりたい気分、反省ですね。。。

さて、
DSC_1399.jpg
泉ヶ岳の山頂手前で、
一緒に行った仲間を待ちながら景色を眺めていたのですけど、
上の通りなので天気のわりには見渡せませんでした。


CollageMaker_20180715_185115274.jpg
撮ってもらった写真は記念です^^

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

スピ練2種(TTと坂練)チャレンジ  

おばんです。

仙台は雨です。
九州・四国よりは全然マシで走れるほどの降水量です。

■7/5木 5kmTT+坂練約10km
■7/6金 ランオフ

今日は昨日の練習のおかげで筋肉痛がありお休み。
時間が経つにつれて痛みが強くなってきているため
明日はよっぽど大変なことになっているかも。

昨日は二部練。
練習のお誘いが同じ日になったものの、
開始時間が連れていたことから両方参加することに。
天気は雨。

①19時~
陸上競技場トラックで鬼ごっこ形式での5kmTT。
参加者2人。
自分がハンデを1分もらい先にスタートするも
入りを400/km切って入ってしまったことからそのまま撃沈する流れ。
4kmくらいまでは粘ったものの、もうすでにアップアップで心肺も
脚もついてこなかった。そして、あっさりと交わされる。
3km前から何度も何度も早く抜かされて
楽なペースで行こうと思う気持ちとの葛藤がすごかった。
抜かされてからはペースを落とすもしばらくすると少し復活し、
ペースを取り戻したみたい。
でも、22分くらいかかってしまったので当初よりもかなり遅い。
それだけ飛ばして苦しい思いをしたことのあらわれ。

②21時~
場所を太白区鈎取に移す。参加者は6人。
平均勾配4%、約1.6kmの直線道路の歩道を使い、
行って戻っての周回3周。
自分は初参加だったので、1周目はゆるっとコース案内をしてもらい、
2周目からはそれぞれのペースで。
自然と1番速い方について行くものの離される一方で
心肺もハムも調子は良くない。(当たり前?)
でも、前に人がいるのは良い。
周回コースなので位置関係が分かるので、前後の差が良く分かる。
9.9kmを48分ちょっと掛かった。
最初のゆるっとランがあるから何とも言えないけど、まずまずだと思えた。
3周目でやっと登りの腕振りと骨盤周りがマッチした感覚があったのは
かなり遅かったのでもう忘れてしまっていたのかも。
とにかくいつもそれを忘れないように気を付けなくてはならない。
ちなみに、このイベント定期的に開催されており、
みなさんの呼び名は、
「八木山(町名)へ向かう坂練で48分切りを目指す」
という意味?で「八木坂48」というらしい。

次回、参加できた時には
もっと暑さの厳しい中で48分切りを目指したい。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop