Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:坂練
カテゴリー「ランニング:坂練」の記事一覧

富士登山競走に向けた坂練。第何回だったか忘れました(^-^;  

おばんです。

今日のスタートは早朝ランから。

他県のラン仲間が来仙するとのことで4時半起きし、
ホテルまで迎えに行き、練習会場へ6時着。
仙台のラン友に呼びかけ一緒にファンラン。
20180617_214014_rmscr.jpg
途中でガーミンを止めてしまったのですが13km走りました。


13時から富士登山競争のための練習会。
同じく山頂コースに参加するI氏と。
しかし、彼は3時間半を目指しているランナー。
自分はギリギリ4時間半で完走できるかどうかの瀬戸際ランナー。
あまりにも実力の差があるため相手にもならないと思っていたものの、
彼の練習方法は、4kmのリュックを背負い、自分が6分先行するというもの。
これだと追う方も追われる方も良い練習になるとのこと。

コースは13.5kmの泉ヶ岳~スプリングバレーを越えていくロード。
20180617_214029_rmscr.jpg
このちょうど中間のてっぺんまで。

先に自分がスタート。
朝ランの疲労感は特に感じなくて、少し足の付け根の骨あたりに違和感がある程度。
比較的、快調な滑り出し。
出来るだけ飛ばして行けるところまで!

自分のドリンクが揺れる音や足音が山では響いたりすることで、
追われている感覚がヒシヒシと。。。
逃げるのもなかなかのプレッシャーw
結局は9kmあたりで颯爽と追い抜かれました。
あとは差が広がるばかり。
そうなるとダメージが半端なく襲ってくる・・・
喪失感みたいな?
疲労感も。
心肺も急に苦しさが増す・・・

ゴールタイム差は3分。つまり自分よりも9分速いということ。
かなりの差でした( ;∀;)

彼の中では、これまでの練習パートナーでは速い方で、
なかなか良かったんじゃないですかとの評価をもらいましたが、
素直に喜んでいいのか、実績が無い自分にはわかりません。

それを喜んで練習をサボるのもどうかと思うので
引き締めていくくらいで自分の場合は良いですね。

かなり追い込めたようで帰りの下りはほとんどが歩きw
具合悪くなって歩くのもやっと。
お腹が苦しくて、足の付け根は真横も前側も痛くて下りがキツイ(>_<)

車で帰宅しましたが、しばらく倒れてました。

今はちゃんと食べて回復傾向ですが、これってハンガーノックっていうんです?
昼はパン2枚、たこ焼き2つ、お好み焼き半分と炭水化物をかなり摂ったんですけどね。
それでもあり得ることなのか?分かりませんけど。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

疲労感の上塗り坂練。  

おばんです。

距離が短いとはいえ、土日レースの連チャンはキツかった。
土曜夜の打ち上げも響いているのかもw

それはそれとして、
ラン友が企画してくれた場で楽しい時間を過ごせたわけで、
新たなラン友も出来た上、会話によって自分の視野も広がり、
また新たな可能性と繋がりを生み、経験値の化学反応が起きた。

自分のラン人生はまだまだこれから!


6/11月 ランオフ
6/12火 ランオフ
6/13水 朝ラン 7km
6/14木 朝ラン 10km 坂ダッシュ250m*11 WS*6
6/15金 ランオフ

疲労が溜まっている感があるため無理しなかった。
その中でもポイントとして週中で何かをやっておきたい気持ちがあるので
木曜日に坂ダッシュ。

先週土曜日のレース、一番キツイ勾配の7~8%のところで7分/km前後だった。
練習時で730/km程度だから多少のレース効果はあったみたい。

とはいえ、富士登山競争を考えるとこれでは足りなくて、
630~700/kmで行けるようにしときたい。今からでは無理かな。
どうやったら上手に登れるか。
とにかく心拍数を上げようといつもの坂ダッシュ場へ。

10本と思って始めたものの5本目でもう嫌になってた。
あともう半分か・・・
なんとか8本目までこなしたとき、
もう少し出来そうかもと思い始めたものの時間切れで1本だけ全力を追加。
約6%勾配で510/kmペース。いつもこのくらいで走れたらいいのに。。。

帰路で100歩のWSを3本。1,2本目は疲労感たっぷりでダメダメだったけど、
3本目で力まないように気を付けたことで重さが消え、動けているのが分かった。

この感覚を忘れないようにと、またさらに家の近くの軽い登りで115歩のWS*3
疲れ果てた。。。
完全に疲労の上塗りだ( ;∀;)



明日土曜はジョグ。
明後日は朝ラン+午後坂練の予定。

この「午後坂練」では
サブ3ランナーが練習しようと誘ってくれた。
ついて行けるはずがないんですけどね。。。

来週も別のサブ3ランナーが山練に誘ってくれた。
やっぱりついて行けないと思うメニュー。。。

やり取りの中で🎵や💛が入っている(ように見える)。実際に入るときもある。
「行きましょう🎵」
「このコースでどうでしょう🎵」
「萌えますね💛」
例えばでこんな感じ。

自分がメニューに不安を感じるのに、彼らにとっては普通、
というか、嬉しい楽しいことみたい。
自分にはかなり気が重いのだけど・・・(*´Д`)


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

泉ヶ岳での坂練。  

おばんです。

昨日の練習後からすでに骨盤の真横あたりに痛みがあり、
動きが付いていけてないのだと痛感。
朝から脚も身体も重くてしかたない。

それなのに今日は快晴!
あー山に行きたい。。。

となれば行くしかないし、
そんな身体コンディションの中でどう動けるのか、
痛まないように動かせるのか試してみる。

泉ヶ岳で坂練というか、ほとんど山登り。

ひいこらとゲレンデを上り、
宙に舞うパラグライダーになんだか癒され、
「かもしかコース」という泉ヶ岳でも一番キツい勾配を上り、
やっとの思いで山頂へ。
34382066_1014941772003435_8634069529904807936_n.jpg
34338190_1014941818670097_7398559759860760576_n.jpg

ここまで来たら痛みなんて気にならない。
いい具合で散らせた気がしたので、可能な範囲で下りは攻める。
可能な~とは登山者が多かったから、ちゃんと気を回して、
トレランとかの輩は危ないとか言われないように。

この下りでは最近意識している、
上半身まで着地の衝撃が伝わり逃がす感じで。
これが上手く行くと、足がよく回り、着地時間も短くスピードに乗れる。

昨日のスピ練で心肺は付いてこなかったから
走る時間は少なかったけど、股関節周りを良く動かせたので
これがまた良い刺激となり次へつながりますように。

34051809_1014941858670093_706086443004461056_n.jpg

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 2

疲労感の中で坂ダッシュ10本  

おばんです。

昨日の疲労残りでスピ練を止め様子を見ましたが、
今朝もかなりの疲労感があったことから、スピ練は見合わせました。
今週末のレースのことを考えれば、その選択は有りと思うことにします。


■早朝ラン約50分 坂ダッシュ200*10

富士登山競争が控えているので、
ジョグでもなんでも坂練をするようにしてますけど、
当然に昨日のメニューも疲労アリとはいえ納得できないので
何本かでもやろうと坂練を始めるわけです。

ダルオモで出来るはずもないと思いながら走り出すと、
意識しなくてはならないことを思い出し、
腰回り中心に確認していくと、いつの間にか乗ってくる感じで、
時間ギリギリで止めましたが、なんとなく10本やれたのでいいかなと。
心拍数も77%から始まり90%まで持って行けた。

最後は流し2本入れて終了。
ゆっくり入って最後は息が上がる100歩が心地いい。


※脚は、膝から上の部分をもっと前に入れた方が良い。それでも着地は真下にできる。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

第3回泉ヶ岳坂練。  

おばんです。

今日は町内清掃日のため早起き。
資源回収等も済ませ、泉ヶ岳へ。

快晴だけど、ノースリでは少し肌寒い。
結局はそれも始めだけで汗だくで
ペットボトル1本の補給も心許なかったなぁ。。。

■坂練約20km 平均10%勾配の3kmを往復3本

ぺーすはどうあれ、3本こなすことを第一に、
上りでの良い姿勢を最後まで意識すること。
後半はなかなか良い感じで走れたし、
ハムもかなり張っていたので、この走り方は間違いないと思う。


■起伏走約10km

家に戻って来てからのんびり過ごしていると、
良かった動きを確認したくなり、もう一度外に出て、
ゆっくりペースでもいいからと姿勢を確認。
かなり疲れていたので700/kmのつもりだったけど、
5%程度の坂で600/km前後で上りも走れてた。
まだ身体は覚えていたと一安心。

明日以降も覚えていてほしい(*'▽')


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop