FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:レース
カテゴリー「ランニング:レース」の記事一覧

スパトレイル2019結果(72k)  

レースプランを思い描いてスタートしたものの、
結果とすれば惨敗でした

spa-trailmap(1).jpg

第一エイド到達時間ですでに10分ほどの遅れ

第二エイドではすでに疲れ切り大休止。。。
関門30分前に再スタート。

第三エイドに着き、補給後に関門を確認すると
1時間20分も余裕があるw
この間は下り区間だったので調子よく行き過ぎたのかも!?

65048016_1299356186895324_1622534878018928640_n.jpg

第四エイドに着いた頃、左膝周りがガチガチに固まり
着地ごとに痛みが出て、もう走ることができないため
残り14㎞を全歩きで行くことに。

65045031_1299356043562005_5398300242078597120_n.jpg

最終第五エイドには関門の約20分前に着いてホッと一息
みんな余裕で休んでいるように見えた
自分も休みたい
でも、歩きの自分には少しでも時間は惜しいので
最小限の補給ですぐに歩き出しました。
65011247_1299356136895329_3465292438908698624_n.jpg

天候はどしゃ降りの雨・・・
下りのロープ場はただでも滑るのに
雨水が流れ落ちるほどのズルズルとなり
ロープを持っていても滑る。。。
そんな状況なので渋滞も起きて、しばらく立ち往生。。。

慎重に進むもコケるスベるでやっと抜け出すと
次は登りでズルズル・・・

あーやばい、まずい・・・
まったく走れない自分には時間がない

とにかく少し外れた草木がある箇所を選びずーっと進むと
やっと林道に抜けた・・・けど油断できない

またズルズル路面があったらどうしよう。。。
もう完走できないかもしれない。。。

幸い、急坂はあっても道は大丈夫でしたけど
緊張した時間帯でした

案内の方が指で
チョキとパーを出していた。
「あと2.5km」

ほんと?マジで?
トレイルあるあるの距離詐欺じゃないよね?

そして、
ついにロードに出てしばらくすると声が聞こえる。

鏑木さんかな!?

あー・・・やっとここまで来た!
制限時間まで30分以上は行ける!

みんな走って行くけど自分はやっぱり歩き

沿道の方
「お疲れさま!歩いても余裕だね!」

はい。それしか出来ないんです。と声にならず

なんとかゴールできましたー
65310413_1299355893562020_1123473435003977728_n.jpg

このコースは
木の根や岩場などの障害物の少ない林道がメインなので走りやすいのは確か。
でも、前半の登り下りの長い区間で飛ばしちゃうとこうなりますw
コンディションをしっかり確認してマイペースで行きましょう!
64932857_1299356363561973_6818872550815170560_n.jpg
スポンサーサイト

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

七時雨マウンテントレイルフェス  

おばんです。

■5/30木 夜ラン6.1km
疲労抜き。
昨日の疲れはあるような無いような、
結構ペースは上げられそうだけど、あえてしない。
自分の中での良いパフォーマンスを発揮するためには
休むことが重要。


■5/31金 ランオフ
雨のためランオフ。
GWに連日の坂練後に疲れが出てひどい目にあったので
雨なら休まざるを得ないからちょうどいいかな。
日曜日はトレイルの大会もあるし、休むくらいがちょうどいい。


■6/1土 ランオフ
大会前日なのでなーんにもする気なし。


■6/2日  七時雨マウンテントレイルフェス33.7km
朝の気温は一桁台、寒いけど耐えられないほどでもなく、
スタートが近づくにつれ、気温も上昇。日中は26℃らしい。

トレイルの場合、タイムは狙うとかはなく、
結果的に順位は気になってしまうけど、拘るわけでもなく、
エイドに寄りながら走ったり歩いたり、
少しでも自然を楽しみながらゴールするのが目的で練習の一環。

ほんとはどれだけ走れるかとかやれたらいいんですけどね、
そういう根性がなくて、キツくなったらすぐ歩くw
その中でも最前の方法で、どうしたら楽に進めるかを
ずーっと考え、試しながら進んでいくと
長い距離も気が紛れるかな。

結果は112位/302人だった気がします。

上りはパワーウォークで試行錯誤
下りは頑張って走る
その繰り返しでのものだからまずまずですか。
でも、5時間以上かかったので
この距離に対しての単純な時間的なもので
もうちょっと頑張れよって思う。

○良かった点
・序盤で水ぶくれができて、すぐに自前で応急処置
・上りパワーウォークで抜かれることがなかった
・同じく、休まずに行けた
・ハイドレを余計に積み込みトレーニング
・下りを楽しめた

×良くない点
・上りをすぐ歩く
・エイド寄りすぎたかも

61613364_2079978962129129_7553229787116863488_n.jpg


にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

花巻ハーフマラソン大会はペースメイク  

おばんです。


■4/19金 ランオフ
まったく走る気なし。
先月やりすぎた分、今月はこれでいいというのを守るw
日曜日に不安なく走れるよう、積極的休養というところ。


■4/20土 ランオフ
コブクロのライブ参加のため岩手県盛岡市へ。
圧巻のパフォーマンスを聴けば、絶対にまた行きたくなる。
最高のライブでした。


■4/21日 花巻ハーフマラソン大会
快晴。冷えを感じることもない。
起きる瞬間かその前からすでに踵が痛い。
臀部の張りもある。
状態はよくないけど、2時間ペーサーの依頼があり、
それならこなすことは問題ない。
ただ走るのでは芸がないので
リュックに重りとなる水を入れることにしたけど、
何リットルにするか迷う。
自分が失速しては申し訳ないし、軽すぎても負荷がなく面白くない。
結局、2リットルにしたけど少し軽かったかな?
もっと重くても走れたという印象も
ゴール後は半端なく疲れた。あちこち痛かったり張っていたり。
完調には遠いものの、負荷をかけたことは良しとして
3週間後の仙台ハーフでは良い走りをしたい。

トレイルと違い、ロードの重りは危険。
足裏、踵へのダメージが半端ない。
これを逆に利用して鍛える術はあるか。
幸い、来週には50km走れるイベントがあり参加する予定。
ペースは合わせるとしてもどこまで出来るか。
どれくらい背負ってどのシューズで行くのかで
負荷は変わるからウェアも含めて、今後を踏まえた練習にしたい。
57484690_1252947958202814_6768905021552590848_n.jpg


■4/22月 ランオフ
引き続き、無理はしないというw
明日は朝起きれたら急坂を往復したい。


にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

石巻登山マラソンDNF  

おばんです。

■3/30土 ランオフ
臀部から腰までが痛い。
歩きが腰回りに響くし、座るのがしんどくて立っているほうが楽。
車の乗り降りもキツい。。。
これで明日は走れるのか!?


■3/31日 石巻登山マラソンDNF
積雪あり。かなり寒い。
痛くて歩くのもキツイ。
走るなんて無理だけど、
いざ走り出したら麻痺してくれないだろうかと
期待してスタート。

いきなりの上りがきつくて早くも歩き出す。
無理しないで行こうと決め、積極的に歩く。
痛めている左側が全体的に固く、
特に、脹脛が言うことを聞かなくて動かせない。
筋肉が収縮していない感じ。

下りでも一歩ごとにダメージを食らっている感覚で踏ん張れない。
ある程度のスピードでは行けても攻められない。

雪が積もり、下が弱くなった林道こそ
練習にはもってこいなのに全然楽しくない。

結局は
自力で抜け出す必要があるトレイル区間をクリアして
ロードに出た所のエイドでリタイヤ。
ゴールまで送ってもらえるとのことで、
本当にこれほどあり難いことはないと思ったし、
それを待つ間、地元の方々とふれあい、楽しい時間を過ごせました。

走行距離約22km、累積標高約1,000m


■3月総括
走行距離約379km、累積標高9,500m

石巻登山マラソンを完走していれば
目標だった400m、10,000mをクリアできていたはず。

ただ、目標に届かなくても積み重ねはできたので
小さなことでもコツコツとやっていきたい。

まずは腰~臀部痛が回復しないことには。。。


■4/1月 ランオフ
■4/2火 ランオフ
■4/3水 ランオフ

回復してきているとは思うんですけどね。。。
この走らない時間はもどかしい。
日々、スクワット系メニューを増やす。
やらないよりはマシかなと(・_・;)


にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【レポ】高知龍馬マラソン  

おばんです。

■高知龍馬マラソン
仙台から転勤となったお友達に会いに、
そして初のフルマラソンを見届けるため、
初の四国、初の高知遠征でした。

彼はハーフPBが自分よりも10分速いので
折り返し等でエール交換が出来れば良いなと。
フルの洗礼を浴びているのなら、
並走して押し上げようと思っていましたが
要らぬ世話でしたw

彼は3時間17分台
自分は3時間25分台

失速したらしいけど、自分も失速。

kouchiryoma-goal2.jpg

後半はもうキツかった。

どれだけ練習していてもダメージは来るもので
臀部~ハムはハーフ時点で痛みだし、
その不安を消すために思い切って23㎞過ぎに上げてみるも
浜風?の影響で向かい風が気になり、
体感では上げているのにラップは変わらず。

とにかく35㎞地点まで頑張ってみて
あとどうなるかと思っていたら、どうにもならなかったというw

30㎞走を1回しかしなかった影響かな?




仙台から高知は遠いんです。

新幹線で東京へ。
そして羽田へ乗り継ぎ、高知龍馬空港へ。

でも、行ってみたら良いところでした。

空港ではお出迎え、
受付会場付近は商店街があり賑やか、
飲み文化ですかね、気軽に入れるお店や
ひろめ市場という屋台が集まったような、
屋根つきの大衆居酒屋が所狭し、
好きなものを買ってきて飲めるシステムが新鮮で
ここに来ればお土産も何もすべて揃う。
2泊3日で何回足を踏み入れたかなw


桂浜と龍馬記念館にも立ち寄り、
温暖な気候と静かな浜辺の空間を楽しみ、
坂本龍馬を知りました。

今回は一緒に行動する仲間が居て
より楽しめたからなのかも知れませんが
いいイメージ、いいところだなという感想しかありません。

今回の大会のキャッチフレーズ
「わざわざ高知で走ろう」

そうですね。
ほんと、そうですよね。
結果は目標には届きませんでしたが
行ってよかった。


にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 4

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop