FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:レース
カテゴリー「ランニング:レース」の記事一覧

【レポ】最上川S-mileマラソン(16km)  

おばんです。

最上川S-mileマラソン(16km)のレポです。


このレースは、
秋のフルに向けてペース感覚と現段階の仕上がりを確認するにはちょうど良くて、
基本的には5km*3段のBU走+1km全力を目指しています。

ちなみに、昨年のレースプランは
BU走500/km-450-440+430/km以内
タイムは1時間15分22秒


今年のレースプランは
BU走450-440-430+400/kmを目指しました。

公式タイムは1時間12分55秒でした。

無題
39454626_1095905120573766_3549024514266365952_n.jpg
39557727_1095905167240428_449013138302435328_n.jpg

ちょこちょことアップダウンが続くコースなので
ペース管理が難しく、ラップが整うことはないけど、
概ね、負荷一定を意識して走ることが出来たことが
最後のダッシュに繋がったと思えるので及第点。

ただ、
やっぱり最後が400/km切れなかったし、
スピ練していてもトップスピードが上がらないことが悔しい。
やっぱりフォームが良くないんだろうなと。。。

この日も走っていると詰まる感覚があり、
ピッチを上げても思ったほどスピードに乗れない。
もっとスムーズに脚さばきが出来たら・・・・・・・・・・練習しかない。


39507319_1095904990573779_9101383248977592320_n.jpg

この大会は、
ゴール後のスイカ食べ放題が売り!
お腹いっぱい食べたけど、それでもまだスイカはあるとばかりに大盤振る舞いw
何切れ食べたかな???10切れ以上は確実^^

また、会場隣の温泉入浴付きで、
参加賞は、無洗米のつや姫約2合とアミノ酸とプロテインの粉末も。
参加費は驚きの2,000円!

ここ、山形県村山市とその周りの地域は、
手打ち蕎麦が有名で「そば街道」沿いに沢山のお店がありまして、
果物(今時期は桃や梨、プラムなんかも)で有名な東根市や
スイカで有名な尾花沢市もあるので道路沿いの露店で安く手に入ります。
スイカは一玉500円でしたw

大会はもちろん、それらすべてで一日を楽しめるため、
おススメできる大会です。

39536130_1095905290573749_2699801517254246400_n.jpg


にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【結果】最上川S-mileマラソン   

おばんです。

今日のレース結果です。

39594197_1095905343907077_3819444550099795968_n.jpg

走り始めは暑さは感じられなかったほど。
ふくらはぎに違和感はありましたがしっかり走れました。


にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 2

「ゲレンデ逆走マラソン~雨季ウキ高地レース~」に参加してきました。  

おばんです。

ゲレンデ逆走マラソン」に参加してきました。

36803959_1049277121903233_8193261162117201920_n.jpg
36786420_1049277138569898_8604588101290950656_n.jpg
10kmコース。
ゲレンデの上り下りする周回を2回するというもの。

スタートは飛ばさずに1周目は様子を見る展開・・・
と思っていたのも始めだけで、すぐに心の余裕がなくなるほどの激坂(;´Д`)
そりゃそうです、ゲレンデですから。

いつも練習している泉ヶ岳スキー場よりもキツくて長い坂では、
1周目すでにハム(筋肉痛ですでに終わってた)と太腿前面がガクガク。
2周目はどうなるのかと思ったけど、一応免疫?的なものができたのか
1周目よりも短く感じた・・・ものの、それとキツさは別w
ただただ脚も心肺も苦しかった。

それでもゲレンデトップにたどり着いたら、
あとはゴール目指して下るだけ。
でも、下りで力が入らないわ、脚が回らないわで
ブレーキしながら走ってた。
いうことを聞かないとは正にこんなとき。

36815027_1049277035236575_3851069034250371072_n.jpg
結果は、ハーフより時間が掛かったというw


◇この日の感想や愚痴。
これ、覚悟無い人は出てダメなやつ。
脹脛が死んだら踵を付けて登れ!
姿勢を倒しすぎては登りが楽にならない。
登りの後の下りは危険。
エントリーの後悔。
ひたすら苦しい。
でも達成感が半端ない。
みんなと苦しさを分かち合える。
有料のオリジナルTシャツを購入。
また出てみようか?

こじんまりした大会でも運営はバッチリ!
エイドも充実で不足なし!
ゆるさがあってもコースはエグい!
きっと楽しめます(*'▽')


最後に。
36791355_1049276905236588_8352869933612269568_n.jpg
子供の頃のヒーローに
まさかこんなところで会えるとは!
握手を求めずにはいられませんでした。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【報告】「最上川ふれあいマラソン」  

おばんです。

昨日に引き続き、レース報告を。


6/10(日)「最上川ふれあいマラソン」
前日の「鳥海」同様にランネット等ではエントリーできないローカルレース。

10㎞に参加。

レースプランは行き当たりばったり。
前日の疲労と打ち上げ(もしていた)の疲労?を考えれば完走できればOK的な。
ただ、あまりに遅くてもショックだし、スタートから突っ込むと
歩いてしまう可能性もあることから、体調を見ながらという意味での行き当たりばったり。

スタート後、
周りのダッシュに合わせて飛び出すw
すぐに、これはマズイと気付き500mほど走ってから落とす。
その後は、落としすぎないペースと行きすぎないペースの間を
身体に確認しながら河川敷き脇の歩車道を走る。

河川敷きって遮るものが無くて風の影響を諸に受けるし、
追い風なんて感じられなかった。
田舎の景色からも体調面からも一部の隙も許されない。
8km過ぎの橋を渡るときなんて、逆風も真正面で
ペースも心も折れる。折れかけた。
昨日の今日なので折れても仕方なかったけど、
やっとの思いで長ーい橋を渡り切り、
残り1㎞はとにかく体を動かしてペースアップを図る。
・・・動かない。

それはそうだとは思ったけど、ラスト1㎞の内の後半部分でも上げられるように、
とにかく腕を振り足を前に出した。
ラン友がゴール前で応援してくれていたこともあり、その力も借りて
ペースアップは出来た。
ゴールして倒れ込みそうになりながらも両膝を手で押さえ耐えた。

2日間が終わったー。。。

やり切った。

やっぱり完走証が無いため、
手元のガーミン調べで44分24秒。

自分には十分すぎるタイム。
34861619_1019076304923315_6018715973157126144_n.jpg
34928560_1019495404881405_2322340373734621184_n.jpg


それと、前日レース(上)とこのレース(下)の心拍数比較。
35053909_1019076394923306_3283621738969038848_n.jpg
どちらも全力MAXでした。


最後に、ラン友に撮ってもらったスタート後とゴール前です。
34822118_1019076524923293_4671712520010989568_n.jpg

参加費は1,000円。
Tシャツ、お茶、ハズレ無しの抽選会付き(チップスター)。
自転車も当たる抽選会なんて、この参加費で驚きでしたw


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【報告】「鳥海ブルーライン登山マラソン」   

おばんです。

2日連チャンのレース報告。
まずは、
6/9(土)「鳥海ブルーライン登山マラソン」 から。

<コース概要>
鳥海山登山道までの約17kmを海抜0mから1,000m上るコースで平均勾配は6%。
実際には3~4kmまでアップダウンがあるため後半はそれ以上に感じる。
富士登山競争の練習にはちょうどいいとエントリー。

レースプランは、
10kmまでを57分、それ以降の勾配キツい約7kmを52分の計109分。
できれば12km辺りからビルドアップする。

結果は、
10km通過が58分でこれはヤバいと思ったけど、
完走証が無い手元のガーミン測定で102分。後半は44分。
実際の距離が400m短かったことを勘案してもどこでどう頑張って
プランを上回ったのか不明。

10km部門もあるため、そこを過ぎてからが更にキツく踏ん張りどころでも
登りに強い人はここから自分を抜かしていく。
ラップをガーミンで確認する余裕などは全く無く、
他のランナーの走り方を見ながら、少しでも自分に投影させることで
楽に走れはしないまでも坂に強くなれたらと、ひたすら自分との戦い。

気付いたことは、
前傾姿勢というよりはほとんど上半身を倒しに行っているような姿勢で
足をあまり上げずにシューズが擦れる音がするほどの摺り足で進んでいた。
後傾とも見れるんだけど、急坂に対してはそれが有効なのかもと考え始めたら、
もしかして長い登りの場合は、
前傾と後傾を使い分けながら、どちらかの疲労を軽減しながら?
みんな走っていたのかも。

それにしてもこのレースはヤバい。

こんなに苦しいのが続くレース自体もだし、
なんでこんなレース考えるんだ とか
毎年参加者が増えているという謎 とか
お金出して苦しむ意味 とか
とにかく色々考えていた負のことが、
ゴールしてしまえば爽快感に変わる。

この日見た鳥海山の景色はハンパなかった。

通常エイド以外の私設エイドが多いのも特徴的で
ほんとに助かりました!アリガトー!

・参加費は3,500円
 硬派なTシャツ、温泉入浴、ミニポカリ、ハズレ無しの抽選会付き(いちごジャム)。


35043552_1019076091590003_197168140239503360_n.jpg
34962405_1019495021548110_3046993427783745536_n.jpg
35054347_1019495081548104_8403115098150797312_n.jpg
35082851_1019495134881432_458336855172055040_n.jpg


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop