FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:エトセトラ
カテゴリー「ランニング:エトセトラ」の記事一覧

【ボランティア】信越五岳トレイルランニングレース  

大会ボランティアに行ってきました。

仙台から斑尾高原は遠い!
車で6時間でした。

70314739_1361554900675452_6078287032113692672_n.jpg

活動を大まかに書くと、、、

●9/14(土)
~15時 受付
・13時頃に到着し、スタート会場の雰囲気を楽しみました。

70337957_1361554940675448_391419761461821440_n.jpg

15時~ ボランティア説明会

(ホテルチェックイン)

17時~ 班別ミーティング

(移動)

70059954_1361555017342107_105694970446348288_n.jpg

19時30分~約2時間 20km地点の選手誘導係
・100mileのトップ選手からスイーパーまでを誘導、確認しました。
 担当地点前後のトレイル状況を確認し、声掛けですね。
「この先は左へ下ります。」
「頑張ってください。」
「次のエイドまで約2.5kmです。」

(ホテルに移動)

●9/15(日)
9時~(移動)

10時~ ゴール会場設営
・大会旗、ライト等の設置。仮眠所、補給所、案内看板等の設営が主でした。

71165773_1361555210675421_2508673664401014784_n.jpg

14時~ 100mile完走選手のお出迎え等
・拍手して出迎え、お話を聞いたりする時間帯で、なかなか楽しめました。

70115708_1361555264008749_4479865921560641536_n.jpg

17時~(移動)

19時30分~約3時間30分 選手誘導係
(ホテルに移動)

9/16(月)
~解散、帰路へ。



立ちっぱなしなもので
今日になり、かなりの疲労感がありながらも
当日は楽しかったですね。


同じく参加したボランティア等の関係者には
昨年ランナーとして参加された方もいたのでお話を聞くことで、
その情報により、今回得られた来年の出走に生かせます。


また、裏方さん?のことも知るキッカケとなり、
ちょっと目線が変わったとも思っています。


さらに、参加する以前よりも
この大会に出たいという気持ちが大きくなり、
モチベーションupに繋がりました。


ここからの一年。
ここへ向けて練習を積み重ねる決意を
心の中でそっと、強く、
完走するぞと思うのでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


スポンサーサイト



category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

今後のレース予定2019秋  

今は練習を積み重ねる時期。

それほどたくさん練習しているわけではないですけど、
疲労を溜めないようにしながら、次へとつなげるのがメインです。

さて、
目標を見失わないように今後のレース予定を。


◎9/22 泉ヶ岳トレイルラン(27km)

○10/13 東北みやぎ復興マラソン(フル)

▲10/20  AKITA Trail Run Festival in まんたらめ(32km)

▲11/10 日光国立公園マウンテンランニング(40km)

◎11/16 FunTrails Round 秩父&奥武蔵(100km)

▲12/1 大阪マラソン(フル)


スケジュール的には厳しいところもありますが、
印の重さでは「FTR」が最大目標なので
それを踏まえた負荷を考えて乗り切りたいですね。

まずは秋初戦となる泉ヶ岳トレイルまでに
練習により積み上げ、点を線へとつなぎ合わせて行きます。

現段階でも点をつなぎ始めているところ。

一点鎖線?
二点鎖線くらいかな?

そんな感触です。




◎9/22 泉ヶ岳トレイルラン(27km)
昨年のタイム【4:50:37 111位/完走者237人】を超えたい。
トレイルの状況次第も、コンディションが整ったなら4時間を切りたい。
昨年の【39位/完走者237人】上位16%のタイム。


○10/13 東北みやぎ復興マラソン(フル)
フルPB 3:25:08
これを超える。しかも余力ありの状況でw
翌週のトレイルもあるので最小限の筋肉痛に抑えたいのです。


▲10/20  AKITA Trail Run Festival in まんたらめ(32km)
同じ東北の大会でも距離的に遠いので、なかなか出る機会がなく初参加予定。
実は参加者限定Tシャツがほしいということで、ファンランでいいけど
練習のつもりでの確認作業になるのかな。


▲11/10 日光国立公園マウンテンランニング(40km)
昨年参加して、厳しくも華やかなコース設定と景観が気に入り?
今年もエントリーしてしまったのだけど、
実はFTRの前週だというw
こちらも参加賞Tシャツ狙いあり。ビームスとのコラボってどんなだろう?
昨年の猿Tシャツはお気に入り。


◎11/16 FunTrails Round 秩父&奥武蔵(100km)
大本命。
とにかく完走すること。
それが出来ないと始まらない。
ここから始まる100マイルへの道。

完走後、5月のさいたまか阿蘇に出て、秋の信越五岳狙い。

そのために来月は信越五岳のボラをするので、
いろんなことを体感したい。


▲12/1 大阪マラソン(フル)
昨年同様に、コブクロの小渕くんと一緒に走るためのファンラン。
とにかくずーっと一緒に走り、一緒にゴールテープを切る。
それだけが目標。

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

来年へ向けて。  

トレイルに本格参戦することになった今年。

思い起こせば
2018年5月「名久井岳トレイル」に参加したときに

快晴の空のもと、
山や林道を走る楽しさを再確認し、
翌日以降の筋肉痛が数日で回復したことから
来年はトレイル大会に参戦して行けるのかもと思い、
大会の話を聞いたり、検索をする機会が増えました。


それまでのトレイルの大会歴はというと、、、

興味本位で出てみてトレイルの厳しさを知ることとなった
・2013年 泉ヶ岳アウトドアフェスティバル(16km)

あまりにも辛すぎてトレイルは出ないと決めていたのに、
これまた興味本位で出てみた
・2017年9月 ZAO SKYRUNNING(21km)

完走出来てちょっと楽しくなり、
もう少し長いところを走ってみたくなり出てみた
・2017年12月 TOKYO八峰マウンテントレイル(33km)


トレイルを本格的にやりたいなら
もう少し長いところ、ミドルクラスを完走することで
少しでも自信を付けて来年以降に繋げたいと参加した
・2018年12月 房総半島横断

どこまで出来るのか未知だったけど完走できました。



そして2019年
トレイル大会スケジュールとその結果

3月石巻登山マラソン49k→臀部痛でDNF
6月七時雨山トレイル33km→完走
6月スパトレイル72km→ギリ完走w
9月信越五岳110km→クリック合戦敗退→ボランティア申込


来年は、さらに長い距離を走りたい!

自分がどこまで出来るのか試したい気持ちで溢れています。

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

ぎっくり臀部?  

おばんです。

■3/26火 朝ラン11.3km 夜ラン12.7km

土日の疲労が半端ない。
心肺というより、身体自体が動けない、ツライという感じ。

今週末は「石巻登山マラソン」で、
それに向けては疲労を溜めないようにしたいから、
この日を最終ポイント練にして、動けないけど動かす。

早朝空腹坂ダッシュ。
平均15%勾配を全力で75秒駆け上がる。

先週は4本だったので、この日は5本。
坂に強くなることを夢見て、
ゼーハーゼーハー駆け上がり、
相変わらずの太腿パンパンの中で更に動かす。

1本毎に立っていられないほどの苦しさを味わい、
ジョグで下り、また駆け上がる。

ほんとに嫌になる。けど、やる。

次回練習を踏まえて、
1本だけ追加して、ゆっくりと上がる。

その後、前傾の練習で
クラウチングスタートを5本。
その後のジョグは疲労を抜く気持ちでゆーっくりと。


夜はまた疲労抜きジョグ。
5%の坂道をゆっくり上り下り。

ゆっくりでもなんでも楽に走れるようにする意識は大切と思い、
地面を押すイメージを崩さないように頭の中に描く。
少しでも気を逸らし集中しないと、
日常の違うことに頭が乗っ取られて、
イメージが飛んでしまっているw
こういうところが弱いことに繋がるのかなと何となく。


■3/27水 ランオフ
この日に走り、中三日で大会へと思ったけど、
あまりにもダメージが大きすぎて走れる気がしなくてランオフ。
踵痛が酷い。
いつにも増してケアしないとまた大変なことなりそう。


■3/28木 朝ラン10km
疲労抜きジョグで平坦路をブラブラと。
刺激入れのつもりで5%坂道500mを2本だけダッシュ・・・
ではなくジョグw
やはり踵は痛い。。。

痩せる効果も期待して負荷を掛けているのに、
増加傾向の体重はなんでだw
上半身は確かに見てても絞れてきたものの、
問題は下半身か。。。
太くなっている気がする(・_・;)

■3/29金 ランオフ
朝、仕事中にしゃがんだ瞬間に臀部を電気が走り
そのまま立ち上がれなくなる。

これはたまにやる、ぎっくり腰の時のやつ。。。
しかし、場所は臀部の横あたり。
そんなことはどうでもいいほど痛い。
何するにも痛い。

座っているのも酷いし立ったら立ったで痛いものは痛い。
少し楽だけど。

そのまま過ごし、整骨院へ行くと肉離れだそう。
「かなりトレーニングしましたね」とはよくお分かりでw
筋肉の付き方がかなりだとの評価なので
素直に嬉しい・・・でも、痛いものは痛いw

針治療で様子を見ることに。
あさっての大会は出られるのか!?


にほんブログ村

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

ペース走と石巻登山マラソン試走  

おばんです。

■2/23土 朝ラン21km、夕ラン8.4km
ペース走不足と反省したからには、まずはやってみる。
ハーフペースで12km走を4人でスタート。
ハムが重たくなり、6㎞時点でもう走れない状況になったものの
みんな走っているので出来るところまで続けた結果、10㎞で撃沈。
苦しさ半端なく、これ以上はどう考えても無理でした。
疲労残りは明らか。
ジョグ後、走るのを止めると歩くのもしんどいほどのダメージはフル後みたい。

明日は3/31石巻登山マラソンの試走がある。
出来れば参加したい。
そのためにはどうしたらいいかと考え、
重い腰(脚)を上げ、夕方に疲労抜きジョグ。
キツイ時にも脚を動かす練習にもなる。

■2/24日 山練24km
石巻登山マラソンのミドルコース試走。
集まったのは11人。
青空が広がり気温も高めで絶好の山日和。
ハムのダメージは相当でもみんなの力を借りて完走したい。

da26ed3a4a8e4546be38020f063696bc.jpg

一度、試走はしているのでコースは熟知。
当日のペースを意識しながらも上りは走り、さらにハムと脹脛をいじめる。
ロングトレイルになれば、脚は一度死んでからが本番なので
序盤に使い切るには上り坂は走る、みんなよりも前へ。
さすがに10%超の坂はキツく重くのしかかるものの、
良い勢いで走り切った。
df3108fafaad466187a8f259ca17cacd.jpg

そして急激な下りも攻める。
上りより下りは重要で、ここでスピードに乗れるかが差の出るところ。
自分も他と比べれば相当速かったはずなのに、
さすがに入賞レベルの彼一人は、
一回り二回り?それ以上と思えるほどスピードが全然違う。
ほとんど飛んでる。どうやればあそこまでなれるのか。
その彼は言う。
トップ選手のようなスピード、これより上げる方法が分からないと。
自分からすれば相当なのに、
その領域なりの考え、悩みがあるわけだ、
そして、それを考え続けなければ自分が近付くこともできない。

目的地の折り返し、水沼山到着。
7cf0cf45db394d309cc402ddfebcbc0f.jpg

ここからの眺めは絶景!
二度目だけどやはりすごい!
前回も今回も天気に恵まれた。

小休止してから進むも完全に脚が動かない。
脚ではなく、明らかな休みすぎ。これがある。
パワーウォークを入れながら進み、最後方にいると
仲間が脚攣り。しかも両脚。しばらく休憩する。
今日のペースはそれだけタフだったと思う。
その後、木の棒による杖を二本使い、
車で迎えに来れるロードまで歩く。
そして、その後はもう一人とラストの下り約3km
ヘタる脚に喝を入れ、思いっきり走る。
これが爽快。でも苦しくて悶絶。
ラストはキロ4切りで完走。振り絞れた。
温泉に入り解散。

獲得標高は1000m超
ピストンでこれだからかなりキツいコース。
あ、でも本番は折り返さないか。


にほんブログ村

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop