FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » 仙台国際ハーフマラソン
カテゴリー「 仙台国際ハーフマラソン」の記事一覧

仙台国際ハーフのデータ編。  

おばんです。

仙台国際ハーフのガーミンデータです。
タイムはグロス。
20180514_210820_rmscr.jpg
20180514_210847_rmscr.jpg
20180514_210856_rmscr.jpg
前半は、混雑が起きているので抑え目。
それも3km過ぎに解消された。
6-7kmにトイレタイム。
他はとにかく負荷一定を心掛けた。
15-16km、19-20kmで陸橋の上りはあったものの、
こうしてみると頑張っているように思う。


20180514_211032_rmscr.jpg
20180514_211016_rmscr.jpg
落ちているのはもちろんトイレタイム。
全体を見渡すともう少し追い込めたかも。
ただ、ペース走をしていないので管理ができなく、
行っていいのかどうかが分からなかった。


20180514_211044_rmscr.jpg
このコース図で見ると、やはり前半をどう走るかに攻略法がある。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 仙台国際ハーフマラソン

tb: --   cm: 0

【レポ】「仙台国際ハーフマラソン」【Finishまで】   

おばんです。

引き続き、仙台国際ハーフのレポ。

■0-5kmLAP:23分11秒(平均438/km)
■5-10kmLAP:24分04秒(平均449/km)

高橋尚子さんのハイタッチゾーンは
余裕が無くて出来なかった。

ここまでに身体は汗だくビショビショ。
天気は曇天の20℃なのに、
4.0km手前の給水後にそんな状況に気付き、
次の給水からは2コ取りし、飲用と首筋に掛けるようにした。

11㎞過ぎにちょっとした下り基調が数百mあるから、
そこでフォームを整え、今できる最大のピッチを稼ぎ、
脚を後半に備え温存しようと思った。
走っていて感じたのは、やはり自分は下りの方がいい。
気持ちがいいし、ピッチを多くすると周りを抜くことが出来る。

下りはあっという間に終わったけど、上手く整った。
自分の中で脚に上半身までが乗ったと感じた。
腕振りが遅いと感じることもない。
このまま最後まで行ける。

ただし、コースは14㎞過ぎにスタートである競技場を通過し、
15㎞過ぎには陸橋を上って下り、
折り返して、19km過ぎには先ほどの陸橋をまた通るという
ちょっと心が折れかねないコース設定なので、
ラストへの余力は残しておかないとならない。

■10-15kmLAP:22分06秒(平均425/km)

行けるとこまでこのまま身体任せで行こう!
と思ってはいたけど、やはり終盤で失速するのは嫌だ。

今一番楽に走れて、
スピードを落とさないでいられるフォームは何かと考えた。
頭の中で色々と探す。
よく言われていることをすでに頭に入っている。
でも、欲しい答えはこの瞬間、
たった今すぐに楽に走れるフォーム、
しかもスピードは維持。
身体とも相談し気付いたのは、腰回り。
一般的には骨盤かな。
そこ中心にスイングする。
実際にスイングするかは別として、
腕や脚の力を抜いて、とにかくスイング。
腕は振られないように止める。
もちろん振っているけど止める。
足音は気になるけど、そのダメージよりも
楽してラストに備えるのが第一。

そうしながら、とりあえずランナーの後ろに付く。
交わせたら、また次のランナーの後ろへ。

その繰り返しでひたすら温存。
ただ、本当に温存できたかは分からない。
でも、温存してきたという考えが重要。

■15-20kmLAP:22分17秒(平均428/km)

陸橋を無事に通過し、ゴールを目指すのみ。
どこからスパートしようか。
ゴールの陸上競技場でトラックを約3/4周する。
そこだけというのもカッコ悪いし、
これまでの練習成果がそれだけというのも情けないので、
20km表示を過ぎたので徐々に上げるパターンにした。

幸い、沿道にはたくさんの人がいるので
見られている感を自分の力に変えて進むことで、
抜き去ることはあっても抜かされることはなかった。

トラックが見えた。
やっと着いた!
やっとだ。。。

インターバルやペース走をせず、坂練ばかりでよく走り切った。
そのせいでスタート前は不安しかなかった。
走り切れる自信もなかった。
でも、もう確実に走り切れる。

トラックに入り、川内 優輝選手が
その内側を裸足ランしながら
「ナイスラーン」
「おつかれさまー」
的に手を上げながら逆走している。
なんとも平和な光景。

ゴールできた。
100分切りは確実なのでゴールタイムは気にならなかった。

でも、ふとガーミンを見たら1時間36分台で
PBは昨年の仙台ハーフでの1時間34分57秒(ネット)だったので
意外に走れていたのだと思った。
トイレに寄らなければもしかしてだけど、
そんなタラレバの話をしても仕方がない。
とにかく100分を切れたことの安堵感が半端なかった。
これで来年の仙台ハーフもAゼッケンで出られる。

■20-finish:4分36秒(平均411/km)
finishタイム:
1時間36分41秒(グロス)
1時間36分14秒(ネット)
STRAVAの移動タイム:時間34分38秒


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 仙台国際ハーフマラソン

tb: --   cm: 0

【レポ】「仙台国際ハーフマラソン」【~10kmまで】  

おばんです。

仙台国際ハーフのレポ続き。


10:05 スタート
9:45 整列時間

9:30過ぎにスタート地点へ。

この日のプランは
アップで確認した440/kmで走り、ペースが落ちたとしても100分切り。
鼻が出る。
喉に違和感。
訳あって寝不足もあり、身体の状態は微妙。

トイレを済ませ、準備は整った!
と思ったのも束の間。
なぜか気になりだし、スタートしてすぐのどこかのトイレに入りたくなっていた。
これは最後までもたないと理解。

10:05号砲。
スタート地点を通過するのに27秒。
ぶつかりそうになるほどのランナーが殺到し、
接触しないよう気を付け、前や横のランナーなりに進む。

昨年は、自分の斜め前にいた人が接触によって転倒した。
それが自分だったらスタート直後にそのレース自体が
終わっただろうとヒヤッとしたことを思い出し、
それだけは気を付けようと無理に追い越そうとも思わなかった。

ただ、440/kmで行く自分よりも遅いランナーはいるもので、
壁となるところは慎重に周りを見渡し、交わしながら進む。

そんなことを繰り返していても、
1番の心配はトイレ!

「1km」「2㎞」と表記しているプラカードは見えても
トイレマークは一つも見えない。
そこまで行くと、そんなものは準備していないのだと悟った。

そうなれば探すしかない。
地元民の強みとして、
トイレのあるところを記憶の中から探す。

コース上に地下鉄駅はあるものの、
改札の外にあるとは限らない、
そこまではっきりとは覚えていないため
寄って地下まで行くリスクは回避したいこともあり却下。

コンビニ等をもちろんある。
しかし、沿道にはたくさんの人で掻き分けて、
入店して空いているとも限らないので、やはり却下。

もっと確実には入れる既存のトイレはどこか。。。
走っているコースの先々を頭の中で探し、
やっと見つけたのは7㎞地点手前にある西公園。
仙台の中心部でオアシスのような公園である。
そこまで我慢だ!

辿り着くまではラップよりもトイレが気になって仕方なかった。
でも、結果的にはプラン通り、順調に走っていた。

■0-5kmLAP:23分11秒(平均438/km)

やっと辿り着いたトイレ!
ところが小便器が1つだけ
ウソでしょ!?
大ブースにも並んでいる。
騒いでも仕方ない。
並ぶしかない。
自分の順番が近付いてきた。
しかし、自分の前の前の人が長い。
ひたすら長い。
何時間我慢してたんだと思ってしまったほど長い。
いい加減にしてくれと心の中では思った
それもやっと済んだ。
ホントにやっと。
前にあともう一人いる。
その時、大ブースが空き、前の人はそちらへ行ったため、
とうとう自分に出番が回ってきた。

無事に済ませられた安堵感よりも
前の前の人のせいでどれくらいのロスかが気になる。
気になるけど、そんなことを確認する余裕もない。
用事を済ませ、すぐにコースへ戻る。

ガーミンは止めていなかったので
7㎞地点でラップ表示を確認すると「5分50秒」だったから、
少なくとも1分半ほどロスしたみたい。

スタートから440/kmで行く予定も5kmまでで、
5-6㎞はラップが上がっていた。
そこで「5分50秒」表示だから、
ここからは少しでも挽回したい気持ちでいっぱいになり、
ペースを上げた。

ペースを上げようと思った理由がもう一つ。
さっきまで走っていた中で見るランナーのランニングフォームと
今ここで見ている周りのランナーのランニングフォームは明らかに違う。
それに伴い、ペースも遅い。
ちょっといづい。
やっぱり、そういうことなんだろうなと思った。
これが終わったら、しっかり練習しようとも。

ペースを上げたのは良いけど
420-430/kmのラップが続いていることに不安もあった。
ダニエルズさんによれば自分の閾値は424/kmだから。
この中盤でこんなに上げていいのか。
でも、トイレで休憩したよね!?
いいのかな?
行けるとこまでこのまま身体任せで行こう!

■5-10kmLAP:24分04秒(平均449/km)


この次はまた明日(以降)に。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 仙台国際ハーフマラソン

tb: --   cm: 0

【レポ】「仙台国際ハーフマラソン」【スタート前まで】  

おばんです。

昨日参加した「仙台国際ハーフマラソン」レポ。

5時起床。
朝食のパスタを食べ、6時45分に出発。
7時半すぎに会場着。
早速、何名かのラン友さんに出会い挨拶等を交わし、
8時半に多くの仲間がいる集合会場へ。

32332106_2069687176604891_1029518195020529664_n.jpg
これだけの人数なので、
話しているとあっという間に時間が過ぎ、
準備をしなくては!と競技場内へ。


その間、「B型乙女座おやじオフィシャルブログ(暫定)
たくやんさんに声を掛けていただきました!
ありがとうございます^^

陸連登録して公認大会でハーフ100分切り、
フル220分切りしているとAゼッケンをもらえ、
陸上競技場を使うことが出来ます。

400mトラックを3周ジョグしてアップ終了。
風邪の影響や疲労感などを確認し、
ほどほど、最低限の100分切りは行けると判断し、
スタート後の5kmは440/kmで行くと決める。
トイレも済ます。

10:05スタートの30分前に整列場所へ。

スタート号砲前になぜかまたトイレに行きたくなる。
さっき行ったばかりだし、カフェイン抜きもしてるから大丈夫と言い聞かせる。

まず、ラップを載せてしまうと
2018sendai.jpg
どうしても我慢できなくて、
7kmあたりの公園でトイレに寄ったw
その間、1分半くらい。

まだ、まとまってないので明日にします。
respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 仙台国際ハーフマラソン

tb: --   cm: 2

【完走証】仙台国際ハーフマラソン  

おばんです。

「仙台国際ハーフマラソン」完走しました。

32413714_1004000033097609_2982635692200296448_n.jpg

風邪の影響あり。
トイレ駆け込みあり。
横腹痛ありで、
PBとの差が1分17秒なので現状及第点です。

でも、もっと速くなりたい。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 仙台国際ハーフマラソン

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop