Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »ランニング:気づいたこと
カテゴリー「ランニング:気づいたこと」の記事一覧

富士登山競走の一ヶ月前にして登り方を習った件。  

おばんです。

昨日の疲労感たっぷり。。。

■ランオフ

今日は脹脛とハムが筋肉痛というか力を入れると攣ってしまう状況。
疲労感が相当TT


昨日、走っていると足音もうるさいので前傾ができていない。
そして、上りでの走り方を教えてもらった。

動画を参考にして感覚的に見るのと、直に教えてもらうのでは全然違う。
光が射したようによく理解できたから積み重ねて行くのみ!
姿勢づくりができればロードでも速くなり、走るのも楽になるそうで
やるしかないと気合だけは入った。

ポイントは
・前に出した足への乗り込み
・腰あたりをグーでギューっと押して出来る前傾
・耳裏に両手を通して姿勢づくり
・そのまま前に進むイメージ

文字だけだとググれば出てくるものばから。
でも、昨日体感した内容はしっかりと頭に残っているからそれとは違う。
練習あるのみだそう。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 1

大阪マラソンに出たい理由。  

おばんです。

祝!大阪マラソン当選!!

まだまだ日は先なので実感も何も無いですけど。


神戸や横浜など抽選申し込みはありましたが、これ一本でした。
出たい理由があるからです。

それは。。。



コブクロの小渕くん!

大阪マラソン走ってるんですよー

昨年はツアースケジュールの関係で出てはいませんでしたが、
その前年までは出ていました。
今年はその時期にツアーは有りません!
ということは・・・
きっと出るでしょう!と勝手に予想して申し込んでいましたw

出たことのある方は分かるかも知れませんが、
コブファミというファンクラブ会員のみが購入できる
Tシャツを着て走っていたり、沿道でも着ている方が応援してくれて
声援が凄いんです。

あ、自分
ファンクラブ入っているもので(*'▽')

それを着て今年も走りたいなー。。。


まだまだ先だけど、
楽しみができたのでまた練習して、
小渕くんより速くゴールしたい!


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

仙台国際ハーフマラソンで学んだこと②  

おばんです。

今日はやたら身体が重かった。
木曜のポイント練習の疲れからかな?
そうなればやはり二日は空けないと
次のポイント練が出来ないことになるのかぁ。
ちょっと残念。


さて、
レース中盤で気付いたランニングフォームについて。

仙台ハーフで良い感覚で走れた時のペースは425/kmくらい。
身体が軽いとは言わないまでも重くはなかった。

それまでも頑張って走っていたけどペースとしてはそんなに変わらない。
力みで腕が振れてないとかあったのかも。
ペースを上げようとしたときと
安定して走ることを意識した時のペースがそれほど変わらないなら、
後者をイメージした走りを身に付けたい。

400/kmでもジョグと感じる人がいる中では
どちらにしても遅いわけで、
フォームが洗練されていくと楽に走れるの?
走れるんだよね?

というわけで、
今までも試行錯誤しながら来たけど、
この時の感覚を突き詰めていくことに決めた。


◇腰周り中心。

腰の左右を前にスイング。
腕振りは抑える方向で。

最近は、、、
ここのところしばらくかな。
ラン仲間たちのフォームを何となく見ていることが多い。

その中で、フォームはおおまかに3つに分類されると思い始めた。
①前傾姿勢が強いタイプ
②直立に見えるタイプ
③沈み込むようなタイプ

受けるイメージは、
①も③も力強く、②は静か。

①は筋肉で走っているように見え、いかにも走っているという感じ。
②は実際には速くてもスピード感が分かりずらい。
③は躍動感みたいな、正面から見て左右が上下しているように見える。

①か③が良いと思っていたし、
それが正しいのだと分類する前からずっと考えていたのに、
今回気付いた点は②に近かった。

いろいろ試すよりも1つの方法を突き詰めていくやり方でやって行こう!
その方が、意識しなくてはならない点を最小限に留め、
いち早くスピード強化に繋げられような気がしてきたw

その身近なランナーは、
とにかくまっすぐとしか見えないフォームで
動きが小さい?そう見えるだけ?なのに
速いって意味わからない。
後ろに付くとピッチは同じでも離されるし。。。
きっと何か秘密があるw

ランニングフォーム、奥が深い!

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

仙台国際ハーフマラソンで学んだこと①  

おばんです。


今回のレースではたくさんの刺激を受けました。

素直に、このままではダメだと思った。

ラン友と走るのは楽しい。
それはランを続けるためには必要なことで情報交換もできるし、
やっぱり同じ趣味を持った仲間は頼もしいから。

みんなと一緒に楽しんで走りたい。
では、より楽しむ為にしっかり練習しよう!



レース当日の朝、
集まったラン友の中でも数名は仕上げて来てたのが分かった。
体つきや表情でね。
そして、ちゃんと結果が伴っていた。
この時期にPB更新出来るということはそういうことだと再認識。

それは、応援に回っていたラン友が写した写真でも一目瞭然で、
普段は見せない表情で必死に走っている姿には感動し、
自分も気持ちが高揚し、奮い立った。



その熱が冷めないうちにと翌日から練習再開。

5/14 早朝ジョグ10km
5/15 早朝坂ダッシュ200*8
5/16 早朝坂走300*5本+100*3
5/17 5kmLT走+坂ダッシュ300*10

故障しない加減とどのくらいなのか、
翌日も走れる状況にするための負荷とは、
疲労が程よいくらいまでの負荷とは。
継続して練習できるよう、探りさぐりで動いてみた。

現状では、レース翌日のハムの疲労がやっと抜けてきたので、
もう少し負荷を掛けられるような気がする。
いや、このくらいがちょうどいいのかな。

今日の状態も悪くない。
走ってみないと分からないけど疲労感もそれほどないような。
でも、土日に備えて休むことに。雨だし。



5/14月曜は、
レース疲れがありハムが筋肉痛で動けなかった。

翌日も同程度なのに、気持ちが勝ったのか坂練をやったら意外に行けた。
朝の限られた時間だったので止めたけど、もっとできたと思った。

ただし、そのダメージは翌日に表れ、ダッシュするまでには至らなかった。
それも悔しいので帰りがけの坂で100*3を全力でやった。

5/17木曜はポイント的にやろうと決めていた。
これまではLT走なら、それだけやって終わりのパターンも
走力を上げるためにはそれだけでは足りないと感じたため、
坂ダッシュを追加してみた。
LT走(設定424/km、結果→平均422/km)
結果からすると、
良くは出来たけど心肺の上限までには至らず、
身体が、特にハムが付いてこなかった感じ。

それでもここまでのメニューはこなせることが分かった。
やろうと思えばできるもんだ。
やってみて思ったけど、何でも全力でやれば良いものではなく、
坂練メインでも一度の練習では他のメニューを組み合わせることは、
身体が強くなると思えた。
これからはもう一段上げるメニューを考えてみよう。

少しは上り坂が走れるようになってきたかな?


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

今日も朝ラン。不調でした。  

おばんです。

やっぱり風邪みたい。。。

すっかり風邪。。。

完全に風邪引いた。。。


■朝ラン45分

空腹ラン。
キロ7分以上のペースで。

疲労残りもあるし、風邪の影響もあるように思えるほど
身体が重くて走れなかった。

それはあっても意識することに変わりはなし。

腕振りと骨盤周りの連動。
前傾姿勢。

遅いペースでちょこちょこ走り、
前傾を保とうとすると、
意外に、フォアフットの意識は高まるように感じる。

たまに、店舗のガラスに映る自分の姿と
着地している足底に注視すると、そう思えた。


明日あさってと、
強めの練習をするので、風邪、回復していればいいけど。。。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop