FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »富士登山競走
カテゴリー「富士登山競走」の記事一覧

2019富士登山競走【山頂】結果  

こちらの通り。

2019fujiscore.jpg

スタートの1時間前の6時頃
山頂悪天候のため五合目打ち切りの発表。

それが影響したかどうかは分からないけれど、
とにかく前半抑えるプラン通りに走るも
どうも調子に乗れず。

馬返しを過ぎて山道に入ると
すぐに渋滞に巻き込まれ、全然進めない状態で
1kmに20分も掛かってしまってはもうダメだなと判断せざるを得ない。

そこまでに前に行けないとね。

とりあえずこのレースは一区切りです。
スポンサーサイト



category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

2019富士登山競走【山頂】レースプラン  

散々坂練しました。


脚の強化目的として、

・階段踵上げ
・両脚スクワット
・片脚スクワット等

筋トレを増やした。


強くなっているはず。

膝は痛めたけど大事には至ってない。

完走できる自信があるわけではないけど、
昨年よりも強くなっている気がするので
そのあたりに勝機があればいいな。



さて、
練習記録からレースプランを計画。

>>>>>>>>>>

まずは、スタートから(7.2km地点)中の茶屋までどのくらいで行けるのか。

<昨年の比較>
【大会】42分59秒(中の茶屋7.2km、標高差340m)
【練習】43分00秒(泉ヶ岳7.1km、標高差360m)

<今年のタイム>
【大会】???
【練習】43分28秒(泉ヶ岳7.1km、標高差360m)

昨年に足りてない。。。


昨年と比較して、
練習量は同等かそれ以上
質も昨年以上と言えるのに・・・


それはさておき。。。

中の茶屋以降も今年の練習実績から
プラン立ててみる。

huji2019-plan3.jpg

表の上段は昨年度の練習と前年の実績から導いた
ざっくりとしたタイムですが、
その下段「2018」は昨年実績で全く伴わない結果でしたTT

そのまた下行が「2019」プラン。

練習での11.6kmまでの坂道で計測したタイムがこちら下表で
そこから算出したので走れなくはないタイム。
huji2019-plan2.jpg

昨年はそれ以降のトレイル区間で両脚が攣るという初めての経験を味わい
今年はふくらはぎ強化のため踵上げを必死にやったので、
馬返し以降の区間での効果に期待したいですねー

また、山登りでは率先してパワーウォークを取り入れてきたし、
その効果にも期待します。

もうあとは疲労抜きしながら本番まで調整します^^

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

富士登山競走のため装備品(備忘録)  

おばんです。

富士登山競走のための備忘録として、装備等について。

・激沈上等T赤ノースリ
・ファイントラックのファインメッシュ
・Patagonia5ポケットパンツ
・タビオトレイルソックス
・ターサージール5wide
・キャップ
・バフ(首)
・ゲイター
・エネルギージェル5つの内、パワージェルクエン酸入り2つ摂取
・折り畳みジャケット(柴又参加賞)
・小銭

先に行くために(行けませんでしたが)装備は重要と思い、
ドリンクホルダーは無しでとにかく軽量重視。
ドリンクについては、
五合目までは給水所で十分、それ以降で欲しければ購入予定でした。
気温が下がるから要らなくなるとも思ってます。

山頂の気温は5時半時点で7℃とのことだったので、
制限時間で着くのを想定すれば10℃前後で
ウインドジャケットが1枚あれば大丈夫だろうと判断し、
ポケットインしてました。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 2

富士登山競走の反省2018  

おばんです。

富士登山競走の反省。

fujitime.jpg

〇馬返し通過
1:11:19
その想定タイム
1:07:45

ここですでに差があります。
ただ、これはベストコンディションだった場合と自分でも思っていました。
スタートロスは1分30秒ほど。するとこうなります。

その想定タイム
1:07:45→1:09:15

実際には2分ほど遅かったことになりますが、
その理由は歩いたこともあります。
どうにもきつくてフラフラでした。
平衡感覚がハッキリしないような。

〇五合目通過タイム(馬返しから)
1:11:08
その想定タイム
1:02:13

想定タイムは2年前の実績ベースなので行けたはず。
脚攣りの時間はどれくらいなのかは計っていなかったので分かりませんが
2,3分のレベルでは無かったのは確か。
それと渋滞にハマったために遅れました。
そう考えるともしかしたら、それらが無ければ想定ペースで行けてたかも知れません。
それ以上でなければダメなんですけどね。


やはり、
馬返しまでのロードでもっと頑張らなければ行けません。

では、頑張れなかった理由は?

走りが安定していない感じはしていたので焦り?力み?
その後の脚攣りを考えるとそうなのでしょうか。

他に、普段から立ちくらみが多く、
馬返しすぎでも後ろに荷重が乗ってしまうような感覚があり、
もしかしたら貧血なのかも知れません。

とりあえず、前半のロードからしっかり走れる、
長くバテない脚作り、身体作り。そこからですかね。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

富士登山競走で山頂には行けませんでした。  

おばんです。

本日、参加した富士登山競走は五合目の関門に引っ掛かり終了でした。

思うように動かなくてペースを上げらなかったのと
脚攣りが左右脹脛で起きてどうのも攻められませんでした。

厳しいレースなのでまた来年とは言えませんが、
少し鍛え直さないと厳しいです。

本当は今日も現地で泊まる予定なのに
台風が来るということで、早く終了したこともあり、
さっさと引き上げて来ました。
明日、新幹線が動かないとか言われても困るので。
現地から逃げたい気持ちもあったかもしれません。

練習してきた割には一昨年よりも遅いタイムって。。。


37817143_1069267383237540_6647696667887796224_n.jpg
37855901_1069267429904202_1684863739771224064_n.jpg
上はスタート地点の富士吉田市役所前。
下は五合目から残念な景色。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop