FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2018年02月26日
2018年02月の記事一覧

【レース振り返り】東京マラソン2018  

おばんです。

今日戻ってきました。
予定していた皇居ランは、
右足裏痛と左足拇指元の血豆が広範囲で痛むため中止でしたTT


さて、
東京マラソン2018のランナーズアップデートは以下の通りでした。
1IMG_20180226_082952.jpg
5kmまでは特に前が詰まることが多く、
走路を確保するので手一杯でした。
どこを通っても塞がれるため、
横移動しながら縫うように走る。
結局はそれが大なり小なり、
30kmあたりまでは続いたのかな。

8kmあたりで、
やっと「4時間」のペースぺーカーを抜く。

23kmあたりでトイレへ。
そして、左足裏の血豆が気になりだす。
そのため、止まったらお終いだと悟る。

30kmあたりで銀座に差し掛かり、
「おお!銀座だ!」

対抗ランナーがこぞって有楽町側の石畳道路に入るのを見ながら、
自分は反対方向へ曲がり日比谷交差点を下る。

対向車線は折り返してきたランナーでいっぱい。
自分は31km付近で、反対側には「40km」の看板があり、
この先どれだけゴールから遠ざかるのかと
徐々に嫌気が差してテンションも下がる。

でも、血豆と足裏痛、ハムも痛みが増し、
止まったら走れなくなるため、なんとか粘ってみることにする。

ランナーが空いてきて、見渡せるようになっては来たものの、
反対に、長い直線道路が続くのも見えてしまう。
やっと曲がるとまだ折り返しは見えない。

36km手前ほどで折り返したと思う。
すると正面からビル風。今まで追い風だったのかな?

曲がっても尚遠い、日比谷交差点は見えるはずもない。
若干だけど上り勾配のような気がした。

程度のチョコを左手一杯に掴み、何個か食べるも
噛む力がないし、固くて溶けもしない。
結果、最後までそのまま。

最後のエイドと言われたところで
首や足に水を掛けて気合を入れ直した。

やっとの思いで40kmを過ぎ、
日比谷交差点を右折し、すぐに左折で石畳道路へ。
あともう1kmで東京マラソンが終わる。
それが残念と言う気持ちよりも
痛みに耐えてきたこと、
2週間前のいわきで完走できなかったことを
振り払いたい気持ちで一杯で、
少しでも早くゴールしようと振り絞るも
何も残ってないほど足が動いてくれなかった。

でも、あとはこのペース維持でもゴールできると確信。

ゴール。

終わった。
痛みとの戦いが。
前走でゴールできなかったことによるフルへの不安にも勝った。


エイドには手をつけず、
行けるところまで行ってみる作戦は、言わばノープラン。
沿道の応援には反応できないほど余裕はなかったのに、
数名いた「激沈上等T」ランナーと会話できたり、
沿道やエイドボランティアからいただいた「激沈上等」の声には反応できました。



ガーミンのラップは以下の通りでした。
210180225_135917_rmscr.jpg
210180225_135929_rmscr.jpg
210180225_135948_rmscr.jpg
120180225_140001_rmscr.jpg
ラップは一定ではないものの、
常に負荷一定を意識し、
フォームを整えるのに集中していたことで
失速は防ぐことは出来たのかなと思えます。

いつも以上に腕を振っていたし、
足裏のダメージを最小限にしようと
小足を使うようにもイメージしてました。
ピッチがいつも以上でしたので。
120180225_140122_rmscr.jpg



とりあえず自分で宣言。


復活しました!!

両足裏や太腿のダメージは酷いけど。。。



まだまだタイムは狙えるはず!
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 東京マラソン

tb: --   cm: 2

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop