FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2018年03月
2018年03月の記事一覧

土曜は飯抜き朝ラン。  

おばんです。

今日は定例練習日です。
いつものように、朝6時着予定で車でSWGPに。

起床は5時で朝抜き。


今朝は5人。
29570469_981654161998863_5977846348175555872_n.jpg


フル後の疲労残りがあるのと、
明日は負荷を掛ける予定なので軽め調整で
疲労抜きジョグぐらいでとは思いましたが、
走り始めるとこんな感じでした。
29684224_981654275332185_876017694374605974_n.jpg
29598374_981654308665515_5521808743369763745_n.jpg

中間のペースアップは1㎞ダッシュ。
後半のペースの上下動は、
片足ケンケンからのダッシュです。

この後に
その場での階段昇降も行い、適度に刺激入れ。


今日まで残る疲労感が明日には消えていればいいのに(。´・ω・)?
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:SWGP

tb: --   cm: 0

これから試すランニングフォーム【図解】   

おばんです。

自分のためですが、昨日の続きを。



効率よく走るためには
膝をできるだけ進行方向に向ける必要があり、
そのために前傾姿勢が必要なんですね。
form2-4.jpg

ここ数日は、
この意識を確認しながら走っていたんですが、
前傾の角度というのがポイントになると感じています。

また、前傾と言ってもどういったイメージで、
どう意識して姿勢を作るのかが分かりにくいと思った中で、
自分の場合はこうかなというポイントがありました。
form2-3.jpg

下腹のあたり(丹田)を下へ向けるイメージと
お尻を上げるというよりは後ろに向ける感覚ですね。

あくまでもイメージと感覚なので、
その通りやってしまったら、ちゃんと進めるかは分かりません。
ほんの少しの作用で良いですね。

これをもう少し試した上で、
腕振りから骨盤連動を考えたいと思います。


それらすべて力まずにというのがポイントですね。
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: ランニングフォーム

tb: --   cm: 0

試したランニングフォームは間違い【図解】  

おばんです。

ランニングフォームについて。



ずっとこんな風だと思っていた。
form2-1.jpg
・上半身が軽く倒れ込む、その延長線で走る。
・下腹のあたり(丹田)を引っ張られるイメージで走る。

そんな表現で説明されるから、
先日のフルは、ずっとそのイメージで走ってた。


それと、膝を進行方向に動かす。
  form2-2.jpgform1-2.jpgform1-1.jpg

よく考えて画にしてみたら、
進行方向には向くはずが無かった。
どちらかというと上方向になり、
上のイメージと合わせても着地が
身体の中心より前にしかならないし、
前傾姿勢にもならない。
後傾じゃん。。。

なーんだ、やっぱり間違いかよ。。。
どうりで足の甲まで痛くなるわけだよ(*´Д`)
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: ランニングフォーム

tb: --   cm: 0

姿勢を正すランニングフォームは良くなかった件。  

おばんです。

今日は朝一ゆるジョグ。清々しい一日の始まりでした。


さて、
結果が振るわなかった東北風土マラソン。

その前半のうちに、失敗レースとなる気がしたので、
何かやれることを見つけようと思いついたのが、走法について。

ずいぶんと時間があったことから、
よく言われるフォーム、姿勢を意識しながら走っていたら、
結果として、自分の中でまとめることが出来たのが収穫でした。


今回、ひたすら下腹部あたりを意識して、
引っ張られているような走りというものをやってみました。
ひたすら最後までw

答えは、
「これはちょっと違う」

その後の身体の状況でも痛感しました。
すごく足の甲が痛いです。

着地が前過ぎて衝撃吸収出来ていないからでしょう。
また、腕振りについてもどうしても「振らなければいけない」ほど力が入り、
自然な形を作るのが難しいことも判明。
無理して作るフォームっておかしいな。。。
このイメージを横から見た場合、
身体がまっすぐか、少し前に傾いている意識でしたが
それも上半身のみといった感じ。


自分の中での正解は、
横から見たイメージで、腰~お尻あたりを中心に、
ひらがなの「く」がもっとも安定すると確信しました。

そして膝も反対向きの「く」
そうしないと着地衝撃を吸収できないし、
スピードに乗るために力む。

自分の中で雲がかかっていたのが一気に晴れた感覚です。
なーんだ、そういうことか!\(^o^)/
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

【反省】東北風土マラソン2018【面白い大会】  

おばんです。


東北風土マラソンは面白い大会です。

・エイドには東北の名物グルメあり(24種)
・仮装賞があるためか仮装ランナーが多い
・毎年、サンプラザ中野くん他アーティストのライヴがある
・完走賞のきき酒券5枚で各地の日本酒の試飲ができる
・「登米フードフェスティバル」が同時開催で名物グルメを味わえる(有料)

IMG_20180325_173220.jpg
DSC_0770.jpg
DSC_0768.jpg

自分は完走後の試飲を楽しみにしていたため電車で行き、
完走後は宮城他、岩手、秋田の酒蔵銘柄のもの美味しくいただきました。

目的が、そっち寄りであったことと
東京マラソンでのフル一区切り感、
最近の坂練の疲労蓄積、
一緒に走る予定だったラン友の転勤等、
真面目に走る気持ちに欠けていました。
花粉症の影響もあったかも。
この時期で良いタイムで走れたことが無いという結果論。
公認コースではないというのもありますかね。


それでも、
5/13仙台ハーフを目指す上での予行練習と位置付けて
ハーフまでは頑張るつもりでしたが、
結果としては気持ちの整理が付いていないのと、
疲労、強風により、5kmまでのハーフペースで精一杯でした。

それ以降は、徹底的にエイドを楽しむのと、
せっかくのロング走を無駄にしないため、
インターバルを挟みながら行くことにしましたが、
それもレース中盤での1,000m×1本、800m×1本、500m×1本までで限界でした。


DSC_0757.jpg


やっぱり、フルは気持ちが大事ですね。
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

【結果】東北風土マラソン2018  

おばんです。


「東北風土マラソン2018」完走しました。
IMG_20180325_181342.jpg


色々ありましてこんなところですね( ̄▽ ̄;)
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村

関連記事

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 2

【二部練】みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ  

おばんです。

昨日の続きになります。

先日の日曜日は、
午前中に【1kmTT】と【5kmTT】(結果的に)。

そして午後は
「みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ」に参加。

仙台の隣町 川崎町「みちのく杜の湖畔公園」にある
「里山地区」コースを利用してのトレランイベントです。

プロトレイルランナーの講習会あり。
DSC_0708.jpg

トレランシューズの試着会あり。
(写真無し)

自分は気になったシューズを2種類履いてみて、
良さげな方をこのあとのレースでも履き試ししました。

DSC_0709.jpg


さて、
レースはスタートし、途中には
仙台出身トレイルランナーの須賀暁さんと並走することでき、
少しお話させていただいたことは、やっとの念願だったので感激でしたw
しかも、自分が練習している場所と同じところを練習の場としている共通点には感動w
参加した甲斐がありました(*^_^*)

長い一日となりましたが楽しい時間はあっという間。
身体の疲れはかなりのもので、30㎞走の方が楽だったような気がするのは、
1kmTTのせいかも!?


DSC_0712.jpg
DSC_0713.jpg
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村

関連記事

category: ランニングイベント

tb: --   cm: 0

「第一回SWGP公式time trial」〈ラン友の仙台卒業記念大会)  

おばんです。

先日の日曜日、午前中はSWGPへ。

転勤のため愛媛に行くラン友を送るため、
「第一回SWGP公式time trial」〈卒業記念大会〉を開催。

かなりの人数が集まりました!
29342817_765033607035064_3708670622900984827_n.jpg


自分はまず「1kmTT」に参加。
メイン前の前座的でしたが、
朝一でスピードが出ない中(みんな同じですけどね)、
第一位獲得w

その後、少しの休憩を挟んでメインの「10kmTT」スタート!
結果は5kmでリタイヤw
疲れ切ってしまって走れませんでした(;´Д`)


29339621_765004457037979_4680629596210922534_n.jpg
これは自分です。
明らかにバテてますね。
そして躍動感のないフォームは改善して行かないとです。


29258149_765005813704510_2012839438136157554_n.jpg
この二人との比較でも明らかにフォームが違いますね。
反省してこそ、直せることもあります、、、。


宮城他、岩手、山形各地からの参加があり、
名物等のお土産たくさんで食べきれないほどの量だったため、
その場でお茶会なども行われ、楽しい時間でした。

その後、
来年のレースを四国まで追いかけて、同じレースに出ることを決めました(*'▽')
何人かとツアーを組んで遊びに行く予定です。
自分は四国地方に足を踏み入れたことが無く、
こういうキッカケが無いとこれからも機会はないでしょう。
それも縁ですね、きっと。


愛媛でも走る続けるとのこと。
走ることで繋がっていれば、また会うことはできますね^^
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村

この日の午後に参加した「みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ」はまた次回に。
関連記事

category: ランニングイベント

tb: --   cm: 0

【レース結果】涌谷クロスカントリー大会  

おばんです。

本日は「涌谷クロスカントリー大会」に参加。

涌谷とは・・・
仙台から約1時間ほど離れた場所にある涌谷町のこと。

かなりローカルな大会です。
ただ小学生から学生さん、大人の出場レベルが高くて驚きましたΣ(・□・;)
DSC_0728.jpg


一気に真冬のような寒さに逆戻りし、気温は2℃ほど。
寒すぎてガタガタと震えるのみ。
まずはシューズ円陣で互いの健闘を願いました。
IMG_20180321_113047.jpg


自分は「壮年の部(40歳以上)」の4.8kmの部にエントリーしており、
閾値走のつもりでスタートしました。
20180321_144644_rmscr.jpg
20180321_144655_rmscr.jpg
20180321_144729_rmscr.jpg
20180321_144711_rmscr.jpg
20180321_144741_rmscr.jpg
ひどいペースですT0T
周りに巻き込まれて飛び出してしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。
1km過ぎた頃には酸素が行き渡らないような感覚で、
足がまったく付いてきませんでした・・・
こんなに苦しいことも無かったです。。。

反省はありますが、とりあえず一つ。
ピッチは限界なのでストライドを伸ばすしかありません。
その方法は、日々の中で見つけるしかないとも思ってます。



ちなみに、
こんな格好で走ったからと言ってもタイムに影響はなかったです。
29472252_1660195887411813_6033668897503182848_o.jpg
地元テレビ局のインタビュー中です。
残念ながら採用はされませんでしたw
きっと、格好のわりに真面目なコメントをしてしまったからだと思いますw


次は4日後の東北風土マラソンです。
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

富士登山競争への思い。  

おばんです。


富士登山競争(山頂コース)は、
今回もあっという間に定員に達したようで、
無事にエントリーできたことに、まずはホッとしています。


そもそもエントリーしようと思ったキッカケは、
単に「すごい!」ということと、
富士登山をしたことが無いけど、レースでチャレンジするのも良いなというノリ。


市民ランナーのグランドスラムの一つとして数えられるこのレース。
サブ3なんて夢のような話だし、
100kmのサブ10なんかはまた遠すぎてよくわからない世界。
富士登山競争でサブ4は無理でも
完走できる権利はあると思い、3年前に五合目に挑戦。


苦しさの中でやっとの思いでクリアはしたものの、そのタイムは「2:22:07」
一般的に「2時間15分」が山頂コース完走のためのギリギリラインと言われ、
「2時間10分切り」が完走目安と言われている中、
これではかなり及ばない。。。

・・・あれだけ苦しかったのにまだ足りないのか・・・。


それでも挑戦権だけは獲得したので、翌年に山頂コースに挑戦。
しかし、悪天候のため五合目打ち切り。
タイムは「2:15:40」

強風と強い雨の影響で涼しかったこともあり、
コンディション的には悪くなかった中でも完走ギリギリラインを越えられず、
晴天だったならどうだったのか・・・
きっともっと遅かったはず。


仙台から富士吉田市への遠征、平日開催、宿泊先の確保、
コンディション等のすべて整わなければ参加さえも難しい大会で、
五合目打ち切り、タイム差以上に感じた過酷さという現実から、
翌年はエントリーのためのクリック合戦さえできなかった。


そして今年。

エントリーは決めていました。
ラン友から沢山の刺激を受け、山頂までの制限時間4時間半に挑戦したくなった。

2年前よりさらに練習しなければならないのは当然。
それでも完走ギリギリラインに乗れるかどうか。

そして、ラインに乗っただけではだめ。
その先のまだ見ぬ険しい道のりを
どこまで行けるのか。


その時が楽しめるように頑張ってトレーニングしてみよう。
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop