FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2018年06月20日
2018年06月の記事一覧

坂練とランニングフォーム基本の「き」  

おばんです。

■6/19火 ランオフ
■6/20水 朝ラン9km 坂ダッシュ250*10 WS*2

先週までの疲労感が残ったまま日曜日の坂練で振り絞り、
かなり消耗したと感じたことから月・火をランオフ。

股関節周りの痛みは少し和らいだものの、
脹脛やハムの張りが半端ない。
屈伸や前屈をするとよくわかる。

ストレッチで解してみるもそんなにすぐ良くなるものではなく、
継続してやっていく行く必要があるみたい。
筋トレよりもこちらの方を優先しよう。
自分の性格から「忘れないようにする」ことが一番難しいけど。



さて、
サッカーワールドカップ日本初戦勝利の興奮でなかなか寝付けなかった。
けど、なんとか4時45分起床。準備して走り出す。
これから一ヶ月。自分のやることは決まっている。

ポイントとなるフォームを身に付けるため、
ひたすら上り坂で練習する。



いつもの約6%ある坂コース200、300、400mのうち、
目的によって練習する距離と強度を決めている。
単に、長いのはツライという理由の時も。

今日は250mで200mダッシュのスピードで行うことにした。
空腹の中でどれくらいでできるのか。10本目標。

結果的には、
いつもは530/km前後も平均510/kmで行けた。
もちろん、心肺的にかなりキツかった。
その苦しさも日曜日の坂練でいい刺激が入ったおかげか、
かなり追い込めるようになった。

毎回、
今日みたいな心拍90%以上の追い込みが出来れば強くなれる。
みんなこういう練習をして速くなっているのかと今さらながら思う。


今日のポイント確認。
・まず耳裏に両手のひらを通して姿勢づくり
・腰をグーで押すイメージ
・そのまま前に出る
・踏み出した脚への乗り込み
さらに今回気付いた点。
・鎖骨、肩回りを主に前へ振る
・肘から先が振られるのを抑える
→すべてが合ったとき自然と速く走れる。

肘先を抑えたとき、
脚と腕振りがマッチした。
これだ!と。
これで練習すれば速くなれる!と思えた。
やっとだ。
今まで正解が分からず色々試してきたけど、
やっと光が射してきた。

はじめは150mほど掛かった腕振りの意識が
本数を重ねるごとによくなり、
10本目には、50mほどで脚とマッチするようになった。
継続していけば自分のものに出来る。
自分フォームの基本になるまで絶対に「忘れないようにする」。


気分よく練習できた。

帰りがけに100歩WSを2本。
こちらは身体が重くてイマイチだったw

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニングフォーム

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop