FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2018年07月
2018年07月の記事一覧

弘進ゴムアスリートパークでスピ練。  

おばんです。

富士登山競走の悔しさ、不甲斐なさ他、
微妙な気持ちを抱えながらも次に進まなくては何も始まらない。
練習に誘ってくれる仲間がいますし。


今日は、
弘進ゴムアスリートパークへ。(仙台市陸上競技場)

メニューと設定ペースは
4,000(425/km:10kmペース)

2,000(420/km)

1,000(415/km)
レストは1,000m

インターバルはただキツイ割りにスピードは上がらないし、
閾値走だけでは心許ないというか、もっと自分には負荷が必要ではないかと思ったので、
スピード持久力もスピードにも刺激入れらえるような練習をと思いついた。

20180731_214850_rmscr.jpg
20180731_214907_rmscr.jpg
20180731_215108_rmscr.jpg

やってみると地獄(*_*;

入りから閾値ペースなのでキツイ上に設定ペースより速く入りすぎた(;´Д`)

でも、3kmまで行ってしまったことで残り1㎞は
少し遅くても大丈夫と、ほんのちょっとだけ緩める。
いや、緩めるって程でもない、気持ちくらい。

つなぎは630-700/kmで良いかなと思ったけど、
次へのつなぎと考えれば、姿勢や足運びを気にしながら走っていたらこのタイム。

2段目はそこから-5/km設定ですが、
1段目の入りが速すぎたためにちょっとでこぼれる。。。
こぼれると言っていいのか?
自分にしたら上出来じゃない?

そして、つなぎではやはり足さばきを意識。

3段目で全力に近いくらい出し切った。

自分、よくやった(*'▽')

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:インターバル

tb: --   cm: 0

富士登山競走のため装備品(備忘録)  

おばんです。

富士登山競走のための備忘録として、装備等について。

・激沈上等T赤ノースリ
・ファイントラックのファインメッシュ
・Patagonia5ポケットパンツ
・タビオトレイルソックス
・ターサージール5wide
・キャップ
・バフ(首)
・ゲイター
・エネルギージェル5つの内、パワージェルクエン酸入り2つ摂取
・折り畳みジャケット(柴又参加賞)
・小銭

先に行くために(行けませんでしたが)装備は重要と思い、
ドリンクホルダーは無しでとにかく軽量重視。
ドリンクについては、
五合目までは給水所で十分、それ以降で欲しければ購入予定でした。
気温が下がるから要らなくなるとも思ってます。

山頂の気温は5時半時点で7℃とのことだったので、
制限時間で着くのを想定すれば10℃前後で
ウインドジャケットが1枚あれば大丈夫だろうと判断し、
ポケットインしてました。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 2

富士登山競走の反省2018  

おばんです。

富士登山競走の反省。

fujitime.jpg

〇馬返し通過
1:11:19
その想定タイム
1:07:45

ここですでに差があります。
ただ、これはベストコンディションだった場合と自分でも思っていました。
スタートロスは1分30秒ほど。するとこうなります。

その想定タイム
1:07:45→1:09:15

実際には2分ほど遅かったことになりますが、
その理由は歩いたこともあります。
どうにもきつくてフラフラでした。
平衡感覚がハッキリしないような。

〇五合目通過タイム(馬返しから)
1:11:08
その想定タイム
1:02:13

想定タイムは2年前の実績ベースなので行けたはず。
脚攣りの時間はどれくらいなのかは計っていなかったので分かりませんが
2,3分のレベルでは無かったのは確か。
それと渋滞にハマったために遅れました。
そう考えるともしかしたら、それらが無ければ想定ペースで行けてたかも知れません。
それ以上でなければダメなんですけどね。


やはり、
馬返しまでのロードでもっと頑張らなければ行けません。

では、頑張れなかった理由は?

走りが安定していない感じはしていたので焦り?力み?
その後の脚攣りを考えるとそうなのでしょうか。

他に、普段から立ちくらみが多く、
馬返しすぎでも後ろに荷重が乗ってしまうような感覚があり、
もしかしたら貧血なのかも知れません。

とりあえず、前半のロードからしっかり走れる、
長くバテない脚作り、身体作り。そこからですかね。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

富士登山競走で山頂には行けませんでした。  

おばんです。

本日、参加した富士登山競走は五合目の関門に引っ掛かり終了でした。

思うように動かなくてペースを上げらなかったのと
脚攣りが左右脹脛で起きてどうのも攻められませんでした。

厳しいレースなのでまた来年とは言えませんが、
少し鍛え直さないと厳しいです。

本当は今日も現地で泊まる予定なのに
台風が来るということで、早く終了したこともあり、
さっさと引き上げて来ました。
明日、新幹線が動かないとか言われても困るので。
現地から逃げたい気持ちもあったかもしれません。

練習してきた割には一昨年よりも遅いタイムって。。。


37817143_1069267383237540_6647696667887796224_n.jpg
37855901_1069267429904202_1684863739771224064_n.jpg
上はスタート地点の富士吉田市役所前。
下は五合目から残念な景色。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

富士登山競走、前日入り。  

おばんです。

富士吉田市入りしました。

2018072620220483c.jpg
今日の富士山は雲ばかりでよく見えません。
明日はどうなんでしょ?
台風も近付いてきているみたいだし。。。

明日、自分が絶好調ならいいな(^^)

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

いざ、富士吉田市へ。  

おばんです。

富士登山競走まであと2日。
明日のうちに富士吉田市へ移動します。


■7/23月 ランオフ
■7/24火 朝ラン4.8km
■7/25水 ランオフ

この間、調整ジョグのみ


◇疲労抜きについて。

今年の2月二週目に行われた
「いわきサンシャインマラソン」は足裏痛により23kmほどでDNFでした。

その後も痛みが続き、なかなか走れず。
翌三週目の日曜にやっと走ってみて閾値走を試みるも
体が反応せずペース走となり、4km程度で止めました。

そして迎えた2月四週目の「東京マラソン」
いわきからは満足に練習できてはいなかったのにも関わらず、
ちゃんと完走できたばかりか、過去2番目のタイムで完走できました。

練習不足でもフルを走り切れたのは
「いわきサンシャインマラソン」前までの練習成果が
まだ残っていたということが明らかとなり、
疲労抜きは大事なのだと体感しました。



というわけで、
先週から徐々に負荷を減らし、今はしっかり疲労抜きする期間。
走らない不安を拭うのはなかなか難しいですけど、
当日にベストパフォーマンスが出来るようにするためには必要なことと
何度も自分に言い聞かせています。

最近暑いですからね。
あまり疲労が抜けている感覚もないから、
しっかり栄養補給して、より一層の疲労抜きを心掛け、
当日は練習時よりも良いタイムで走れますように。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 2

富士登山競走に向けての練習の振り返り。  

おばんです。

富士登山競走まであと3日。

4月から練習を始め、
その時はあと3ヶ月以上もあるから大丈夫だと何とかなると思っていたけど、
もうすぐそこまで来ると、その成果があったのかどうかも疑わしい。

その気持ちを払拭したいための振り返り。
以下はその結果。
sk1.jpg
sk2.jpg
sk3.jpg

水色・・・ゆるジョグ
青色・・・ジョグ
緑色・・・坂練、山練
ピンク・・・スピ練
グレー…レース

数字は走行距離。


基本的に平日1回は200~400mの坂ダッシュを数本
週末に坂練・山練というスタンスで始めました。

こうして見ると、
一応はしっかりやって来た。それは確かなこと。

どれだけ登り方が身に付いたかは分からないし、
自分がどれくらいのタイムで行けるかの目安も何もないんですけどね。
富士山の試走も何もしてないから。

昨日のプランを考えたとき、
ただ何となく、練習通りであれば、
5%程度の坂は530-545/kmでは行けるのかなと。
問題はそれが何kmまで出来るのかってところかな。


あ、
また成果を裏付ける結論には至らず、
雲行きが怪しいような。。。

こうしてみると、
3ヶ月というのもあっという間でしかないんだなw

でも、
2年前の山頂コース(悪天候中止)の時よりも確実に練習してるよ。
その時の五合目タイムが「2時間15分40秒」(制限時間は2時間15分)だから、
それよりも行けるはずと信じたい。

2年前は雨で涼しかったけど。。。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

富士登山競走レースプラン。  

おばんです。

富士登山競走まであと4日。

これまでの練習ペースを考慮して
富士登山競走のレースプランを作ってみました。

pl1.jpg

恐らくは、
これがベストを発揮できた場合のタイムかと。

5合目~山頂までは未知の世界で全く予想が付かないんですけどね。
・・・なので情報収集してみると以下の通り。

(5合目までのタイム*2)+数分
→2時間10分*2=4時間20分+10分未満→完走!

とりあえず完走水準(?)にはあるのかな。
都合の良い数字を並べただけという不安もありますが(;^_^A

懸念材料もあるし。。。
・最近暑い(完走率が下がるらしい)
・5合目以降は行ったことが無い(そんなんで行けるの?)
・トイレロス(絶対に寄る)
・高山病対策なし(何がどうなるか分からない)

不安ばかり並べても仕方がないとは思いつつもさすがにね。

とにかくベストコンディションで迎えられるように整えます。
ここが一番大事。





あ、
スタートロス入れてない!

これに2分30秒ほどプラスすると・・・



やっぱり厳しいか。。。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

調整ジョグで整える。  

おばんです。

仙台の最高気温は36.4℃だったらしいです。
湯船に浸かっているようでした。

■朝ラン 約13km

暑いので6時15分集合の朝ランサークルへ。
以前から連絡は来ていたものの、
毎週末予定があってなかなか参加できなかったところ、
やっと都合がついた形。

基本的には6分/km前後のランニングを数名で活動しています。
ただ、この暑さですでに30℃あったため、
このペースでもキツイ(;'∀')

県民の森のロード部分をほどよい起伏走で
ハムや脹脛にも刺激は入ったみたい。
筋肉痛かもしれませんw



さーいよいよ!今週末だ!

暑いみたいだし、ずっと晴れで砂礫状況は良くないでしょうけどw

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:ショグ

tb: --   cm: 0

もうランオフの方向で。  

おばんです。

今日土曜日は久しぶりに応援勤務で仕事へ。
暑い中でかなり消耗した。。。

■7/20金 ランオフ
■7/21土 ランオフ

木曜日に追い込めたことから
あと1週間を切った富士登山競走に向けては
無理に負荷を掛けなくてもいいと自己判断、
また、最近の暑さもあり、疲れがこもりがち?
抜けきらないようですぐに筋肉痛になることから、
ランオフの連続w

ジョグ調整で疲労を抜いたほうが良いかも。
気持ち的にはもちろん楽だし。

気持ちを一度緩めても、
当日に向けて気持ちを高めていきたい。


金曜日には整骨院へ。
踵の具合は良くはない。
ただ、普段の軋むようなズキズキする痛みは減った気がする。
最近、ランを減らしているからかも?
結局走れば痛いことに変わりないし、
朝も起きれないほどなんですけどね。
レース前にもう一度くらいが行っておきたい

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop