FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2018年10月
2018年10月の記事一覧

水戸黄門漫遊マラソンの反省。  

おばんです。

水戸黄門漫遊マラソンの反省。

10㎞毎の平均ペース。
~10km 438.2
~20km 441.9
~30km 438.0
~40km 508.5
40km~ 558.9

前半は頑張ってたな。
平均心拍数は156ほど、89%の域だったので
やはり厳しいペースでした。

実際にスタート後まもなくからキツさを感じ、
どこまで続けられるか不安に思ってましたが、
なぜか勝負すると強く決めていたので、
どこまで行けるか楽しみでもありました。
ほんとキツかった。

32km以降は落ちるばかりでしたけどね。
あと5秒/km遅かったらどこまで粘れていたんだろう?
40kmまで445/kmで行けたかな?


臀部、ハム痛はもう最近ずっとなので、
それ以外に失速の原因となったことは。

・両脹脛攣り
・両ハム痛
・股関節痛
・右膝痛

前走では脚攣りが無かったので
今回の暑さ対策が不十分だったと思います。

キャップを被り、エイド等では塩系サプリ、干し梅はいただいたものの、
中間点すぎの補給では遅かったかなと。
また、水の補給が多すぎると体内の塩分濃度が下がり、
脚攣りを引き起こす、みたいなことを聞いたことがあるので
その辺の影響もあったかも。

それさえなければ痛みにもっと耐えられたかな?

膝痛は、脚攣り・ハム痛等によりどんどん走れなくなる中で、
どうしたら先に進めるかを考えた結果、
骨盤とか気にせずにとにかく膝を前に出し、痛み軽減で稼ぐ作戦でしたが、
ただゴール後に膝が立てなくなるという悪影響だけしか無かったかな。
普段から意識してもっと動きを磨けということ。


これが原因だという訳ではない推測ばかりだけど、
間違ってもいないと思います。

そもそもペースが速すぎたというのはあっても
ダニエルズさんはこれで行けると言ってるし、
目指すタイムをイメージし、そのペースに慣れないと
いつまでも身体が付いて行けないので、
その点で言えば、今回は刻むことが出来たので
唯一の良かったところだと思えます。


あ、あとは風もあったかな。


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 水戸黄門漫遊マラソン

tb: --   cm: 2

「水戸黄門漫遊マラソン」レポ  

おばんです。

いよいよ今シーズン勝負レースの水戸黄門漫遊マラソン。

PB更新(450/km)出来ると思っていたため、
そこから入り安全にBUすればいいと考えていたものの、
急に物足りなくなり、3時間19分台でのゴールを夢見て
平均ペース443/kmを目指すことにしました。

448→443→438の14㎞毎のBU

スタートが近づくとさらに気分は高まり、
自分に挑戦してみたくなる。

結果、440/kmを切るとどこまでいけるのか。
もしかして30km以降までも行けるんじゃないか。
あわよくば維持してゴールなんて。。。

その結果は下の通りで、撃沈しましたっていうタイムでした。

ちょこちょこアップダウンがあるのは良いものの、
多く向かい風だったこともありペース配分はかなり難しかった。
また、改めて考えてみると
ゴール後には喉が渇きまくり、脚攣りや臀部ハム痛などもあったことから、
気温、日差しの強さが大きかったのかも。
塩熱サプリや干し梅は十分に配られてましたが、
遅かったか、水を飲み過ぎて電解質が薄まったか。
対策不十分ですね。

昨日は固形物を食べられず、やっと食べたのが
ジェラートとバームクーヘンのみ。
ダメージが大きすぎました。

絶対にタイムを狙えると意気込んでいただけに
すごい悔しい。ほんとに悔しい。



でも、この大会とコースは好きです。
応援は途切れなく、エイドは公設私設の数が圧倒的でなにも不安なし。
千波湖一周は長いけど、景観的に安らぎ、応援はさらに多い。

トイレ数十分。
スタート整列も適度に緩く、その近くにトイレ協力店有り、
水も補給可能。
これだけ充実した大会って無いと思えます。

今回で参加2回目ですが、また申し込みしそう。

44938630_1138232746341003_5541160968991539200_n.jpg
44956606_1138232806340997_4670317222575472640_n.jpg
44874039_1138232839674327_98703257609699328_n.jpg
43652071_1138232886340989_5493072079899066368_n.jpg
44862223_1138232933007651_1832104345483608064_n.jpg


にほんブログ村

関連記事

category: 水戸黄門漫遊マラソン

tb: --   cm: 0

水戸黄門漫遊マラソンの結果  

おばんです。

水戸から戻りました。

こういうのを撃沈というんだろうなぁ。。。

44909876_1138232666341011_1055456116701396992_n.jpg



にほんブログ村
関連記事

category: 水戸黄門漫遊マラソン

tb: --   cm: 4

水戸黄門漫遊マラソンのレースプラン  

おばんです。


今週末は「水戸黄門漫遊マラソン」
この秋のメインレースと考えていました。

北上マラソンが台風の影響により中止となり、
ローテは変わってしまったためにコンディションが
どうなのか分からない部分はありながらも
レースプランでは強気に行きたいともいます。


これまでの主な結果
2017
10/1東北・みやぎ復興マラソン2018 3:53:06
10/29水戸黄門漫遊マラソン 3:25:08

2018
8/26北海道マラソン2018 3:54:11
10/14東北・みやぎ復興マラソン2018 3:27:02
10/28水戸黄門漫遊マラソン???

パターン化しているように思います。
脚が出来てなくて初戦は失速。
次で耐力がついて挽回。

そして、今年はもう1レースの水戸で。。。


平均ペースで見ると
9/17 30km走 平均451/km
10/14東北・みやぎ復興マラソン2018 平均453/km

後半失速した分、練習より劣りました。
今回は脚がさらに持ってくれるはずと願い、
平均445/kmを目指します。
ただの希望です。

色々考えましたがなりたい自分を思うと、
最低でも445/km
できれば440/kmに限りなく近づいて
2月のフルに向け、また練習したいと考えてます。


にほんブログ村
関連記事

category: 水戸黄門漫遊マラソン

tb: --   cm: 0

東根山トレイルとランオフ。  

おばんです。

気圧の谷が近付いていると思います。
頭が痛いので。。。


■10/22月 東根山トレイル 10km
■10/23火 ランオフ


月曜日
以前から約束をしていた東根山(928m、岩手県紫波町)へ。

不規則勤務の方の予定に合わせて行ってみることに。
この山、仲間内ではかなりのホットスポット。

44584966_1135478803283064_4373308221033545728_n.jpg


・気軽に行ける低山
・登り降りのほとんどが走れる
・コースが明確
・眺望よし
・登山口すぐ横に温泉有り

条件が揃ってます。
トレイルの練習には丁度いい勾配と
この時期は特に落ち葉でフカフカの足元は気持ちよく走れます。
近くだったら、きっと年に何度も足を運ぶことになることが予想できます。



今日はランオフ。
多少の脚の張りはあるものの、きっと回復には時間を要しないものだと思えます。
それよりもこれまでの疲労の方がどうかな。
ちょこちょこ違和感みたいなものがあちこちに見え隠れ。


今週末は「水戸黄門漫遊マラソン」
それまでにどれだけ回復するのか。
この秋のメインレースの位置付けなのでPB狙いたいですね。





にほんブログ村
関連記事

category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

土曜はショートインターバル、日曜は疲労抜き。  

おばんです。

昨日は調子の悪い身体のメンテのため整骨院に行きました。
少し良くなったがしますけど、一時的なものでまた痛めるのがいつも。
最近では右肩も上がらなくて困っています。

■10/20土 朝ラン16km
■10/21日 朝ラン7.7km 夕ラン8.1km

昨日は定例でSWGPへ。
いつものメンバー+東北みやぎ復興マラソンの結果リベンジ組他4人の
計7人でお喋りランでした。

が、リベンジに燃える方がいたので
間に【200m*10 レスト100m】を入れる。
気持ちいいくらいのスピードで刺激入れでした(*'▽')

おしゃべりは、フルの結果、今後の練習メニュー、
体幹トレのことなど様々で、
皆さんが興味を持ってくれたようなので話して良かった^^



そして今日は
地域清掃前なので時間制限有りの疲労抜き。
身体がダル重でキツイながらも、いつものように腕振りを意識する。
良い感触は得られなかった。

そのため夕方ラン。
疲労回復を促すスピードで、朝に得られなかった感触を掴むために
ひたすら腕振り、そして骨盤を前に出す意識を強めにしたり。
どちらかを強く意識した時に、
もう一方の感触が良くなったりするんじゃないかという推測を元に。

きっとこのテーマはずーっと続くんだろうなぁ。。。
肘90度、鎖骨と太腿の横を意識した時、
自然とペースが上がる気がした。

ラストの方は身体も軽くなり、悪くないと思う。


にほんブログ村

関連記事

category: ランニング:インターバル

tb: --   cm: 0

この一週間とスピ練5000*2  

おばんです。

臀部の痛みを調べてみたら梨状筋症候群というらしいです。
ハムにも影響していることを考えると、ほぼ間違いなしっぽくて
坐骨神経痛にも成り得るとか。
腰回りを鍛える必要がありそう。。。


■10/14日 東北みやぎ復興マラソン42.5km
■10/15月 夕方ラン約6km
■10/16火 ランオフ
■10/17水 朝ラン10km 夜スピ練5000*2
■10/18木 ランオフ
■10/19金 朝ラン12.6km


日曜日にフルを走った翌日の月曜日。

左臀部からハムまでの張りが酷い。
それだけ無理をしたと思えるので納得。
故障と言えるほどではないからまだ良かったと思いたい。

打ち上げにも参加してテッペン帰りだったから
身体の疲労が抜けるはずもないけれど、
精神的には疲れているわけではなく、
走っても走らなくても良いと気持ちに余裕があった。

でも、痛みを緩和するために少しだけ走ろうと、
それなら不整地が良いと県民の森へ。

適度なアップダウンとマイナスイオン?を感じながらゆっくりと6㎞



翌日は朝寝坊、
と言っても普通に出勤できる時間には起きてランオフ。
そうだ!夜はスピ練があるんだと
弘進ゴムアスリートパークへ行ってみると
いつものメンバーが見当たらず。
連絡してみると、曜日を間違えていて明日でした。



というわけで翌日は
準備運動としてキロ7で朝ラン10km
夜はリベンジの弘進ゴムアスリートパークへ。

7人集まる。その内、
自分を含め4人は3日前に同じレースを走ったメンバー。
みんな筋肉痛が回復していないコンディションでも元気だ。

いつも自分が練習メニュー案を持っていく中で
この日は5000*2を選択。

メニューとしてはよりキツイ部類に入るけど、
集団であれば出来るのではないかと。

お疲れ4人組は設定ペース緩めの500/kmからの-5/kmのBUとする。
しかし、終わってみれば22分30秒で走り切り、
まったく計算が合わないBUとなり、
身体への負荷も相当なのは心拍数で分かる。
まったくみんな元気すぎw

ジョグでつなぎ、2本目は430/kmからのナチュラルでのBUを提案。
上げられたら上げるけど疲れているので維持もあり。

1km:436/km
2km:436/km
やはり疲れていて設定ペース維持もキツイ。
しかし、前を進んでいた自分より前に1人飛び出す。
なるべく付いて行く。

3km:428/km
いやいや、マジキツイ!でも、前は止まらない

4km:413/km
これでも離される・・・マジか!もう止めたい・・・

5km:358/km
集団走の利点を生かそうと何とか追いすがり近付くも
ラスト200mでまた離された(+o+)
でも、絞り出した。。。

どうやらラストは343/kmだったらしいので
そりゃ無理です。

お疲れさまでした!




その翌日は臀部~ハムの疲労がハンパなかったのでランオフ。

今日は、明日あさってに向けての疲労抜き。
血流促進で痛みを緩和するため、
ちょっと時間長めのジョグでした。


にほんブログ村

関連記事

category: ランニング:閾値走

tb: --   cm: 0

「東北・みやぎ復興マラソン」備忘録  

おばんです。

「東北・みやぎ復興マラソン」の備忘録。

■今回の装備
スタート時の気温15℃くらい

<着用>
キャップ(白)
激沈上等T(黒)
パタゴニア5ポケットパンツ(緑)
ミズノバイオギアタイツ(ショート)
AND SOX(オレンジ)

<補給>
スタート前:
WINZONE ENERGY×ENERGY STICK×1
エネもち×1

スタート後:
WINZONE ENERGY GEL×3
ここでジョミ×1
Mag-onエナジージェルカフェイン入り×2

■補給食使用感:
最後まで空腹感が無く走れたことから、
今度は、パラチノースに期待してエネもちを増やしてみようか。

Mag-onのカフェインってホントに効果があるのかな?
マグネシウムならWINZONE ENERGY GELに入ってるから、
次はMag-onを止めてメイタンのカフェイン入りを試してみようか。
そういえばゲイターなしにも関わらず、
脚吊りの兆候は一切なしだったのは
WINZONE ENERGY GELのおかげかも。
それか、初投入したソックス「AND SOX」のクッションのおかげも。
5本指仕様ではなかったもののダメージはいつもより少ない。
履いてて破れたR○はもう買わない。
メリウール製の滑り止め仕様も
滑って水ぶくれができたので相性が良くないのは確実。


■エイド
全19箇所
6~7割のエイドでスポドリを取る。
水は口直し程度と首元に掛けるのみ。
食べ物は、冷凍いちご2粒とバナナ半分。
定期的に水分を取れると良いような気がする。


にほんブログ村

関連記事

category: 東北・みやぎ復興マラソン

tb: --   cm: 0

「東北・みやぎ復興マラソン」~ゴールまで   

おばんです。

「東北・みやぎ復興マラソン」

スタートに並ぶ中でコンディションを確認していくと
今日、タイムを狙わなくていつ狙うんだという気になる。

何となく疲労は抜けている感覚があるので、
問題は痛みにどれだけ耐えられるかだなと。


スタート号砲。
ロスは34秒。

走り出すとやっぱり軽い。行けそうな気がする。

入りは523/km
スタート混雑は仕方なし。
かえって準備運動的で心地いい。

臀部は違和感はある。439/km

飛ばし過ぎは良くないと自重するも440/km
想定は451/kmだったので速い。

少し抑えよう。443/km

抑えられない。446/km

風は横からで少し気になる。445/km

このまま行けたら大幅PB更新だなぁ。443/km

臀部は気にならなくなってきた。458/km
上り坂。

全然抑えられないから行けるだけ行って、
撃沈覚悟で試してみよう!444/km


コース自体の高低差は少ないけど、
陸橋の往復で前半2ヶ所
後半4ヶ所のアップダウンが有る。
結果的には、前半はあまり気にならないものの
後半のやつはダメージが大きい。
きっと心が折れかかっていたら引導を渡されるやつ。


心肺に余計な負荷を掛けるよりも
想定ペースより多少速くても一定を保つのが重要と割り切り、
体感445/kmを目指し、どこまで行けるのか不安はありながらもしばらく走っていく。

当然、ハーフまでは問題ないだろうな。
30km走練習ペース(451/km)を考えれば30㎞までも行けるはず。


20㎞通過も順調でこのまま行けるはずもないと思いながらも
失速しなければ余裕のPB行けるとニヤついていたはずw

25kmまでも順調。
少しハムが張ってきたかな。
臀部は大丈夫みたい。

この辺りから徐々に向かい風が気になりだし、
ペースも少し落ち着くというか少し影響を受けだす。

33kmあたりで友人のエイドで立ち止まる。
もう結構疲れた感があったため、おしゃべりして
元気とどら焼き、アクエリをいただき、気持ちを入れ直して再スタート。

これ以降は田んぼ道をちょこちょこ曲がるコースで
向かい風、追い風を浴び、負荷が高くなってきたのを感じだす。

さすがにペースを上げられない。
ここまで28km、30kmでペースアップを試みるも出来ていなかった。

でも、追い風のところで再度やってみた。
けど、出来なかったどころかすっかり脚が残ってないと感じる。
ハムは痛重だし、臀部にも響き始めた。
足裏は水ぶくれか?やたら痛い。全部左足。


落ち始めたらあっという間に前半の貯金なんて無くなる。
すでにPBには至らない。
そうなると心が折れ始める。。。
でも、次の水戸に繋げるためにも耐えなくては。
そこからは顔が歪んでいるのも分かっていたけど、
繕う余裕もなし。
ちょこちょこ走りで早くゴール来い!
進まないと来ない!
ただひたすら痛みを我慢。


「あと200m」看板見っけ!

あー・・・やっと来たよ。。。

まったく余裕なしで歩けない。
歩いて戻ったけどw

まぁ 頑張ったよ。

よく耐えた。

この走りが出来れば
次は445/kmでもっと長く走れるはず!


にほんブログ村

44088279_1130859653744979_235103584910311424_n.jpg
44074923_1130859697078308_5838780066342895616_n.jpg
44144634_1130859727078305_3605032167706460160_n.jpg
44126459_1130859757078302_2276900852398555136_n.jpg
44054708_1130859787078299_764517626230603776_n.jpg

関連記事

category: 東北・みやぎ復興マラソン

tb: --   cm: 2

「東北・みやぎ復興マラソン」レポ~スタートまで  

おばんです。

「東北・みやぎ復興マラソン」

44061681_1130859553744989_7109064206602731520_n.jpg

昨年は、かなりの低評価だった大会ですが、
その原因となったアクセスの悪さやエイドの環境、大会運営等について
ずいぶんと改善されてました。

特に、帰りのシャトルバスはスムーズで
その後のJRも混み過ぎることがなかったし、
スタートのトイレは若干少ないとは感じたものの、
スタート規制はゆるいので何とか間に合いました。

応援も増えた気がするし、復興マルシェもコンパクトでより充実。
エイドのご飯ものにはスプーンがあり食べやすくなり、
その内容も充実してたとか。(自分は冷凍イチゴしか食べてない(;^_^A)

今後はさらに期待できる大会へと成長する気がします。



さて、レースの方は。

金曜日に臀部に激痛が走り、そのまま動けず。
土曜に静か~に動きながら整骨院へ行き、
臀部肉離れ(軽い)と言われ、出来る限りの施術をしてもらうも
痛みに耐えられず、友達の日帰り温泉のお誘いを断り、ふて寝。
当日、起きた時にどうなっているか不安だったけど、
とりあえず歩けるのは確認するも
左足が付くたびに違和感を感じる。
歩いて会場まで行けば少しは慣れる?
でもやっぱり痛いな。。。
走れるのか?
完走メダルは?
その後の打ち上げは?
あーどうしよー・・・

とりあえず行くしかないか!

駅まで送ってもらい、地下鉄とJRを乗り継ぎ、
大会シャトルバスで会場へと向かう。

歩くのは少し慣れて来たなぁ。。。
でも、走ると・・・
やっぱり少し電気が走るっぽい・・・

いいやー
とりあえず行けるところまで走れば歩いても完走して
メダルとタオルをもらおう!

その後、
トイレの大行列に並ぶこと45分。
準備万端でスタート地点へ。

お腹をスッキリ。
気温は15、6℃くらいかな?
ラン日和。
風は微風。
待っている間は寒かったものの小をもよおす気配もない。

もしかして調子いいかも!?



にほんブログ村
関連記事

category: 東北・みやぎ復興マラソン

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop