FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム »2019年10月22日
2019年10月の記事一覧

AKITA Trail Run Festival【ATRF6】レポ  

「AKITA Trail Run Festival(32km)」に参加してきました。

atrf-poster.jpg

相次ぐレース中止で気持ちの整理が出来ないまま当日を迎えましたが、
受付のために前日入り。

受付を済ませた後、田中ゆうじんさんの講演会を傾聴。
72751977_1392691474228461_7387257656500551680_n.jpg
今年の2月に滑落事故により亡くなられた西田由香里の行動等を基に、
その原因と対策の上映でしたが、大変参考になりました。
ここで聴けたことは縁ですから、きっとこれからの自分には必要だったのでしょう。

atrf-long.jpg

レースプランとしては、心拍ゾーン3での完走。
つまり、持久力を付けることがメインです。

スタートするとまず、ゲレンデを逆走。
よくありますね。
ただ、ここは比較的なだらか。
でも、長い。結構距離があったので歩き交じり。

登り切ったら、なまはげがお出迎え。
登った分は下り、その後は緩やかな勾配での
ロード~林道区間が続き、走り続けられることで
ガンガン抜けるかせるから調子がいいと勘違いw

15kmエイド
約中間地点でタイムが1時間38分ほど。
73300739_1392691304228478_2467236902260965376_n.jpg 72691874_1392691420895133_3329810354141134848_n.jpg
72658789_1392691377561804_473174004379680768_n.jpg
この大会を通して、エイドは4か所。
そのうち3か所はこんな感じで、とても充実していました。
バナナ、オレンジ、りんご、いぶりがっこ、ピーナッツ、フリーズドライ果物、
うどんは寒天状で食べやすく、さつまいもケーキの甘さが美味しかったし、
きのこ汁、豚バラ焼きなども。
コーラやアクエリ、メダリストコンクは補充し放題が嬉しかった!


ここから急登の「女人堂」へ。
前半に走らされ、ぬるま湯に浸ったのでここはキツかったw

頂上までの時間をハイカーさんに聞いたら、
1時間とのことだったので、45分くらいかと想定とし、
その間はとにかく耐え抜いて止まらないように進み、
予定通りに山頂到着。

景色を眺めながらちょっと補給して、すぐ下る。
その距離は2kmくらいですか。
こういうところは注意しなくてはいけないところだとスパトレイルで学んだ。
下り続けると、大腿四頭筋に負荷が掛かりすぎて
膝が痛くなる現象が起きたり、靴連れを起こすことがある。
途中で膝に違和感みたいなものがあったけど、
少しだけ緩めたり調整しながら行けば大丈夫でした。

その先は山道のアップダウンの繰り返しで
走れる区間はあまりなく、なかなかテンポよくも行けなくて我慢の時間帯。
登りは何気にキツイ。
女人堂で足を使いすぎたのかも!?

しばらーくそんな道の繰り返しだったので登りやすい姿勢を探し、
腕を前で組んだり、後ろで組んだり、
傾斜によっては、姿勢を立てるよりも後傾したほうが効率よかったりしたので
模索しながら進んでました。

次のエイドでは、なまはげがお出迎え。
そこを通過するとゲレンデが見えてきて、
それはスタートしたゲレンデ。

あー戻ってきた~
とゲートを潜ると反転し、最初に登ったゲレンデを再度進むw
いやぁ、、、心折れますよねー

27kmあたり
最後のエイドで十分補給して進むと
整備された公園を通り、階段を上らされ、
ゲートボールを楽しむ諸先輩方を横目に
いよいよゴールが見えてきたなと思ったら、山へ入る。
なかなか面白いコース設定ですね。

その後、またゲレンデを下ってきてフィニッシュ。
74481966_1392690964228512_6451694430880530432_n.jpg

72976202_1392690727561869_1049559285517778944_n.jpg
15km地点が1時間38分なのに、32kmでこのタイム。
前半と後半のコース模様が全く違うことを表していますw


73126133_1392691010895174_8337612646408781824_n.jpg
74231767_1392691067561835_5614672104516485120_n.jpg
走っている間に
気球やヨガのイベントがやっていて
ショートの部やそれら家族の方々が楽しんでいたみたい。

食べ物系ショップは充実していて、
メレルシューズの試着・試走もあり、
参加人数は少ないながらも、これほどのイベントってなかなかないかと思いますね。

個人的には
参加特典Tシャツが「Answer4」で購入するため参加したかったし、
「I eat 100miles for breakfast」の新作Tシャツもあったので買っちゃいました。
着心地や汗かいた後の素材感、速乾性がその辺のものとは明らかに違います。

これらを含めて、
会場の雰囲気よく、仙台からも遠い場所ですが
また参加したい大会でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:レース

tb: --   cm: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop