ペンドラ@泉卓友会の継続は力なり ◇仙台市泉区を中心に活動中◇ ホーム » ランニング:エトセトラ »【座右の銘】と【感銘】を受けた件。

【座右の銘】と【感銘】を受けた件。  

おばんです。


自分にとっての座右の銘は、
このブログのタイトルにもある
「継続は力なり」です。

意味は二つあると思っています。

・諦めずにやり続ければ必ず力がついて報われる時が来る。
・続けていること自体に意味がある。

前者がポジティブなのに対して、
後者はそれよりもネガティブのような気がしてます。
自分は前者の方の意味で好きな言葉です。

人それぞれに差があるもので、
到達できる範囲やその場所、経過によっても全然違って来るかもしれませんが、
努力し続ければ、きっと報われる、手が届くときが来る。
また、例え届かなくても、
その努力が無駄になることはないと思っています。


ランニングに関して言えば、
走り始めてもう6年以上になりますが、
自分よりも早く目標に到達できてる方も
反対に、まだ到達できていない方もいるでしょう。
自分はまだまだだと反省することはありますが、
そのための努力はやってみようと今は思ってます。

ただ、その方向性、やり方が間違ってはいないとしても
一番良い方法とも限らないし、もしかしたら伸びしろがないのかもしれない。
でも、そのためにしたことは
ランニングに関してだけではなく、
他の何かに作用することもある、役に立つときがあるとも感じています。

そう思いながらも、やっぱり心折れることはあります。
スピードある人がうらやましい。
どうして自分は失速するんだろう。
なんで出来ないんだろう。
とは、何度今まで思ったかは分かりません。


そんな中、
ブログを書いてマラソンランキングに参加するようになってから、
そんな気持ちに負けない言葉を知りました。

「激沈上等」

この文字が入ったTシャツがすごく欲しくなり調べましたが、
その時は販売していませんでした。

しかし、その後↓こちらのブログを拝見しました。
「【ブラック&ノースリーブ】座右の銘Tシャツ第4回頒布受付開始しました!締め切りは4月26日 」

「やった!」と思いましたよ!

もちろん購入しました。

それとその想いにも感銘↓
「激沈上等Tシャツに賭ける想いなど」

これで走るとちょっと照れる気持ちもありますが、
頑張ろう、やってやろうの気持ちが勝ちます。
間違いなく、モチベーションは上がります。


現在の所有は以下の通り。
・黒ノースリーブ
・黒Tシャツ
・白Tシャツ(ポリ・綿)
それぞれ1枚ずつです。


他の色も欲しいので再販希望です。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村。゚(゚^∀^゚)σ。゚
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:エトセトラ

tb: --   cm: 4

コメント

こんばんは。石垣島の大先輩に教えられてやってきました。

自分のブログの「量は質を凌駕する」も、「継続は力なり」とだいたい意味は同じです。
乱暴に言えば、あーだこーだ言っている暇にさっさと練習しようよ、くらいの意味です。
「継続は・・・」も、考えている暇があればコツコツやろうよっていう意味ですよね。
私の「裏座右の銘」でもあります。

Tシャツもご支援いただきありがとうございます。
もう少し頑張ろうかと思います。

キミ兄 #- | URL
2017/09/08 21:56 | edit

初めまして

ペンドラさん、初めまして。

スミマセン、勝手にリンクさせていただきました。
自分とペンドラさんの走力はほぼ同じです。
お互い頑張りましょう!

日本最南端の激Tホルダーです。

石垣島のルパン♂ #1.200zYU | URL
2017/09/08 22:07 | edit

>キミ兄さん
こんにちは!
いつも読ませていただいてますm(__)m

タイトルの意味まで思いを巡らして頂き、ありがとうございます^^
そうですね、「量は質を凌駕する」とは強い意志が表れている言葉だと思ってましたし、
それよりは弱い気はしてますがそういう意味です。

こちらこそ、Tシャツの頒布をありがとうございます(*''▽'')
大変な作業が続くと思いますが頑張ってください!

ペンドラ #wKydAIho | URL
2017/09/09 14:44 | edit

>石垣島のルパン♂さん
初めましてー!
ご紹介いただきまして、ありがとうございます('◇')ゞ

走力ほぼ同じとは、持ち上げていただき恐縮ですw
ただ、別大の夢舞台は上がりたいので頑張ります!

ペンドラ #wKydAIho | URL
2017/09/09 15:01 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

天気予報

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop