FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:気づいたこと »【先月の反省から】今月の練習メニュー変更③【多角的な練習メニュー】    

【先月の反省から】今月の練習メニュー変更③【多角的な練習メニュー】      

おばんです。

練習メニューの変更の3つ目になります。



まずは振り返りですが、
6-8月期の練習メニューは、
水曜インターバル
土曜に閾値走や坂ダッシュとしていました。

自分なりに一生懸命に取り組んだわけですが、
残念ながらスピードやタイムが上がりはしなかったんですね。

これが限界?
なんて思ってしまいますね。

でも、ちょっとまてよ、、、

ホントに限界?
みんなもっと速く走れるのに?
練習が足りないだけなんじゃない?

練習量もその成長度も個人差はあるものです。
自分は走ることが昔から得意ではなく、
というよりも下手で、とにかく遅かった。

毎日の筋トレで速くなれると思ってるよね?
かなりやってるからね。
体幹トレもやってるからって安心してるんじゃないの?
それも結構できちゃってるからね。
その結果が今、これが限界?

こんな自問自答を何度も繰り返し、
じゃぁ どうすればいいのか?っと導き出したことが、
①二部練
②走行距離


そして、
③多角的な練習メニューです。

自分に合った練習メニューにするということに近いかも知れません。


「インターバルを続ける」
というような、一つのことをひたすら繰り返すのではなく、
世に出ている練習メニューって他にもありますよね。

閾値走
BU走
レペ
という代表的なものの他に最近では、
ガチユル走
なんていうのも。
それと、
起伏走
坂ダッシュ
などなど。

これらを
その時のコンディションや
自分がやりたい、出来るメニューを選択してやっていこうということです。

あんな苦しいインターバルを続けて速くなっていないわけだから、
他のメニューを取り入れたって、
継続さえしていれば、まさか遅くなることはないだろうし、
一方向からのアクセスで能力を高めるよりも
いくつかやってみることで
多角形の面積を増やした結果として、速くなる可能性があると思ったのでした。

そして、
練習メニューの選択権が自分にあれば、
今までは義務のようになっていた練習とそれを行うまでの倦怠感を
少しでも楽しむ方向へシフトチェンジできるのではと、
すでに、そうなってきてますけどね。

また、ポイント練習を土曜日のみとすることで
水曜ポイント練習の使命感も無くなり、
気軽に取り組むことが出来るというのは、
「②走行距離」に関する面でもプラスとなって、
より走ることに向き合えるとも。
疲労抜きジョグで土曜日に備えても良いんです。

そのように、
ポイント練習の義務付けが減った分、
平日は主にゆるジョグとは言いつつも、
ペースは確かにキロ6分以上だったりしますが、
・標高を獲得するための起伏走
・何本かの坂ダッシュ
・走った最後は1kmの全力走で締める
といった内容を取り入れて、ゆるジョグだけでは終わらないようにしています。


まだ変更して半月ですけど、
内容と取り組む姿勢は変わってきますね。

この方向性をこれからも継続していって
また何か気付いたら、また考え直せばいいし、
自分で自分に確認するのもいい。

そして楽しもうv(o゚∀゚o)v


焦らず、騒がず、ミリ単位でも前へ。




サブ3.5への道。
応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓
respect_marathon.jpg
にほんブログ村。゚(゚^∀^゚)σ。゚
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop