FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング用具 »【シューズレポ】ターサージャパン

【シューズレポ】ターサージャパン  

おばんです。

風邪、よくなりました!あとは鼻水くらいでしょうか。これならユンケルでガンバルンバ!



今日はこちら。
DSC_0096.jpg
「ターサージャパン」のシューズレポです。
ターサージールは良く知ってるし、愛用してもいるけど「ジャパン」ってなに?
なかなか店頭に置いてない上、通販でも値段高め設定だからジールで十分でしょ!
そう思っておりました。なので今まで手を出さずにいたものの、ジールでフルは厳しい!という反省から、今回初購入し走ってみた感想を載せます。

まず、
自分はシューズのどれもワイドサイズです。以下を参考までに。
ターサージール5 : 28.0ワイド
ライトレーサーTS、RS : 28.5ワイド(同じアシックスでも足形が違うため)
ミズノのシューズ : 28.0ワイド
アディゼロシリーズ : 28.5ワイドでも土踏まずの内側が窮屈で履けない

ジャパンはワイド設定はありませんが28.0でピッタリでした。幅と甲はゆとりある設計で、足入れもすんなりでなかなか心地いい感触です。走ってみても、そのままの良い感触で行けました。
感触が良いというのは、脚に伝わってくる柔らかさがライトレーサーRSはもちろん、ジール5よりもあるためです。それは靴底の厚さもあるせいかもしれません。ジール5はカツカツと直に走るっていう感覚なんですけど、ジャパンはそのダイレクトさはありませんし、前足部にはRSと同じクッション材が使われていますので、靴底に一枚のプレートを介したその上にクッションがあるような感触で踵部までフォローされているように思います。
となれば、推進力が失われるのではと思いがちですが、閾値走のタイム比較ではジール5と遜色なしです。
同じ環境下で計っていないために純粋な比較は出来ませんが、もしかしたらピッチ・ストライドとの関係性があるのかも知れません。
だとすると、ジャパンの方がストライドが出やすく、ピッチが出にくくなりました。
靴底にはジール5と同じような突起がジャパンにもありますのでスピードに寄与しているのは明らかです。

重さはジール5が軽く、ジャパンとRSは同じくらいで変わらないです。
ジールTSの方がアッパーが丈夫に出来ている分、重いような気はします。

ここまでは、かなり良いシューズでフルは行けそうだと想像することは容易いのですが難点はあります。
シューズ紐を通すハトメ穴ですが、他のランニングシューズにはある、一番上の穴からその横に渡すハトメ穴が無いです。これでホールド感が得られません。気にしない方もいると思いますが、自分はカッチリ固定するタイプですので走行中の安定性に欠けることに繋がり、気になってしまいます。
その安定性の観点では、前記で「靴底に一枚のプレートを介した・・・」と書きましたが、そのプレート状の平たい感触があることで前後左右のバランスが、例えば道路の轍やマンホールなどのほんのちょっとした段差の様なもので崩れることを実感しました。コケたりはしませんが足首を捻るくらいは普通にありました。閾値走のタイム的には差はない結果でしたが、そのバランスが崩れやすいことで長い距離はどうなのかは分かりませんので注意が必要です。
ただ、もしかしたらハトメ穴を自分で増やして靴紐を通せば、改善できるかもしれませんけどね。


全体的に、
これ、神シューズになりえるかも!?
なんて思ったりもします(*''▽'')



サブ3.5への道。
↓応援クリックをお願いします。
respect_marathon.jpg
にほんブログ村。゚(゚^∀^゚)σ。゚
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング用具

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop