FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » 水戸黄門漫遊マラソン »【ネガティブスプリット】水戸黄門漫遊マラソン【←もう最後にします】

【ネガティブスプリット】水戸黄門漫遊マラソン【←もう最後にします】  

おばんです。

今朝、久しぶりに腕立て40*2セットやったら、すでに筋肉痛になっているものです。
一応、プランク等はやっているんですけど、、、腕の屈曲運動とは違うものなんですね。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、
水戸のまとめとして、PB更新に寄与した要因を確認し、今後もブレないよう参考にします。
まずは、自分でもビックリのラップです。

20171030mito.jpg
分かりやすく前後半で分けると・・・

前半:104分01秒
後半:101分07秒

こんなことはこれまでのレースではとても考えられません。
小出監督の本も読んでるわけですよ。その中にも出てきますね。最近ではよく「ネガティブラップ」と言いますが、そんなの出来ないよ、ホントに可能なの?って思っていたほどなのに、やれば出来るんですね。正直、、不思議なこともあるもんだと思います。

これまでの後半は、大なり小なり失速していた(ほとんどが大ですが)原因は、
・足攣り、ハム痛、足爪の痛み、心肺が苦しくなった、、、
こんな理由がありました。小さなことは他にもあったかもですが、大概はこんな感じです。
それが最小限に抑えられたことが今回の要因なのは間違いのないところ。

では、何が良かったのか。

1.ターサージャパン
レース1週間前に初めて購入し、レースで採用しました。
これまで自分が勝手に思い描いていた「適度にクッションがあり、感触も柔らかく、スピードも出るシューズ」なんていう都合のいい理想はあり得ないと思い始めていたところ、ダメ元でamazonで購入して履いてみたら抜群の感触でした。ライトレーサーRSワイドよりも柔らかい履き心地、底の堅さが気にならなくて、地面との接地面にある突起のおかげでグリップ力もあり、推進力も得られるという、自分にとっては正に神シューズ!という衝撃に試さずにはいられませんでした。

ただ、弱点もあって、その点と対策は以下のとおりでした。
①ハトメ穴が上部1つ足りないため、走行時の安定感に欠ける→穴開けしたことにより、明らかにフィット感が向上しました。
②幅とヒールカップにゆとりがあるため、やはり安定性に欠ける→靴下二重履きで対応した結果、黒爪対策にもつながりました。

2.足攣り対策
R×Lゲイター初着用&塩熱サプリ所持。
確実性のある対策かは不明ながらも、前走よりも速いペースで走れたのは確かで、ゲイターはブロガーの城さんから、塩サプリはラン仲間から教えていただきました。R×Lゲイターは他メーカーのものとは一味違う仕様となっており、締め付けが強めで左右別です。
塩熱サプリは、2つ持っていきましたが途中で足りるのか不安になり、エイドでちょうど配っていたウィダーの塩サプリと干し梅を数個もらって食べたものの、やはり後半は足攣りとの戦いが始まるものの、前回よりは軽減されました。フォームの問題はあると思いますけどね。
→気分転換にもなるので塩サプリをもっと持っていこう。

3.補給食
当日の行動として、スタート1時間前にWINZONE ENERGY×ENERGY1本使用。
補給食は、パワージェル梅、スポーツようかん、マグオン(レモン)、メイタンサイクルチャージカフェインプラス、マグオン(ラフランス)の順に摂取。アミノバイタルプロ3600を2本も。他にエイドから、バナナ2本とメーカー不明のエネルギージェル半分も摂取しました。

とりあえず、これらのおかげで最後まで走り切れましたので、自分にはこれくらいは必要なものという結論に。メイタンはカフェインプラス200は不味かったけど100なら許容の味で、マグオンのカフェイン入り(飲みやすい)と併せて150㎜取れるので、こちらの方が自分には良いです。

4.心肺については、身体に確認しながら走る「負荷一定」が良かった。これからも気を付けたい。

以上です。
また、それとは別にレース中に気付いたことがありました。

5.マラソンフォームについて。
レース後半にペースアップしたとき、やっとフォームがシックリ来たと思えたことから、おおよそのペース毎に走れるフォーム、維持できるフォームというものがあると自分なりに感じました。ということは、速くなる上でも対応できるフォームというのが今の延長線上にあり、仮に飛び級するような速いスピードの練習が、そのフォームに繋がるのかが疑問となり、自分がこの夏に毎週取り組んだインターバル走でも走力が上がらなかったことと関連性があるとすれば、少し上の段階のスピード練習、つまりはLT走かもう一段上のスピード走がマラソンのタイムに影響すると結論付け出来るのではないかと。
とすると、フォームの観点で言えば、インターバル走とLT走あたりの練習は全くの別物ということであり、自分は一緒くたに考えてましたことから、よく考えて取り入れる必要があると思うところです。
それからすると、今月頭に掲げた「練習計画」が自分に合っていると感じることから、やはり継続して行くことにします。

一応付け加えますと、
インターバル走の目的とするスピードの向上と自分が速くなるために目指すフォームとは目的が違うってことで、インターバルがキツイからもうやりたくないってことではないですw
ポイント練習は1度/週で万遍なく行う練習計画ですから(;´▽`A``


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


三日に渡り「第2回水戸黄門漫遊マラソン」を振り返りましたが、こんなにもただひたすら長~い文章に、お付き合い頂きありがとうございます。ホントに大変だったでしょう。
または、理解に苦しんだり、かなり端折って読むこともあったことでしょう。っていうか、読むのもめんどかったですよねw
(もちろん違う意見もあるはずです。)

もっとキレイに読みやすく書ければ、見てくれる人も多いのかも知れませんけど、結局は速く走る方法を人に教える術も無く、ましてやマラソンブログ村の皆さんは、一般にフル完走人口の3%程度と言われるサブ3ランナー比率をエラく無視した多さなので、その方々に聞いた方が絶対に良いですから、暇つぶしに読んでもらえたら嬉しいです。
自分自身もこうして書いていることによって、村を徘徊することによって気づくことがあって、すべては自分のためにってことで今に繋がってるんですよね。



さて、次は大田原マラソン!
コースが厳しそうです。。。
今回と同じ仕様で臨んで、いい結果に繋がればいいし、
この要因が生かせれば確立することができるんだけどな^^

サブ3.5達成しました!
↓応援クリックをお願いします。
respect_marathon.jpg
にほんブログ村。゚(゚^∀^゚)σ。゚
関連記事
スポンサーサイト



category: 水戸黄門漫遊マラソン

tb: --   cm: 2

コメント

ナイスランです

ペンドラさん、PB更新おめでとうございます。見事なペースアップです。理想の走りです。私もそうなるべく頑張ります。昨年も水戸→大田原だったんですが33.3の関門アウトでリベンジのため1年間やって来ましたが、ほとんど効果がなく愕然としています。でも、頑張ります。

ところでペンドラさんのハンドルネームは、よく考えたらペンのドライブマンってことですか?

城 #- | URL
2017/11/01 23:02 | edit

>城さん

ありがとうございます!
今までは失敗ばかりでしたよ(;´▽`A``
でも、練習は裏切らないってことと自分に合ったメニューを考えるってことなのでしょうか?
実証するためにももう少し様子を見ながら取り組めたらと思います。
お互い頑張りましょう^^

はい、ペンでドライブマンなんですw
今どきの戦型ではなく、動き回って損するタイプですね(^-^;

ペンドラ #wKydAIho | URL
2017/11/02 20:16 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop