FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニングイベント »【イベントレポ】KGR30k

【イベントレポ】KGR30k  

おばんです。

昨日のイベントレポです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この日の参加者は12名。

27019038_942650755899204_1666733800_o.jpg

3.8kmのコースを8周(30.5kmになりました)するチャレンジ。

メンバーの走力や目的に違いはあっても
周回コースなら途中離脱も合流も可能だし、
一人ではなかなかモチベ維持できない30㎞走なので
こういった企画は有り難いですね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

自分は初めの挨拶で「500/km宣言」しました。
後には引けなくなるため頑張るしかないw

気温は-2℃
ウェアは、半袖にアームカバー、短パンで気合入れ。

ただ、
やっぱり一人では心許ないし、折角の練習会なので
1人を取込む(M氏)ともう一方も名乗り出てくれた(K氏)
共にスタート。

しかし、
そのK氏はまもなく、
「行けるところまで行ってみる」と先行。
あとの話では445/kmのペース走目的だったとのこと。

結局、二人旅に。

ちょこちょこ会話はするものの、
フル三週間前で失敗したくないこともあり、
淡々とペースメイク。
その中で、
「できれば、500-455-450の3段のBUで、
 途中で下がったとしても最後は絶対に上げたいんです。」
と切り出すと「はい。」とのこと。
21624290_737415563124731_338468813_n.jpg
(もうちょい前傾で良くなるかな?)

コース自体は多少のアップダウンが繰り返される。
イメージとしては、
ペースの上げ下げはあるものの、
体感的には一定を保つこと。
また、
ペースが上がってしまったら無理に落とさない。
あとはひたすら負荷一定を心掛ける。


結果として、
早めにペースが上がってしまったBU走になりましたけど、
このイメージは、やはり自分にとって大事。

余計なことは考えず、
最近気づいた骨盤前傾を意識しながら、
負荷一定を徹底したことで、ラストは最速で締められました。
(ただ、前傾をついつい忘れがちで気付いたら落ちてることが何回もw)

ラップはこちら

残り2kmほどのとき、
やっとK氏が見えて来たおかげでダッシュできたのかも知れませんが、
ラストは403/kmペースですから十分ですね。
最後は振り切られましたけどw

K氏は自分よりも年上ですが、
次走のいわきサンシャインマラソンでは
サブ3.5を目指すので、表には出さないものの、
きっと内に秘めた気持ちが強かったと思います。


今回、
自分は先頭グループでしたが、
仲間を見付けては声掛けし、
先行されたK氏を無理に追わず、
ペースを保ちながら行けたことは、
かなりの成果です。
ペース管理がだいぶ身に付いたものと思われます。

MAXスピードが上がらない分、
失速を減らすことが重要ですね。


ちなみに、
シューズはターサージール5でした。

レースでは
ターサージャパンを履くことで疲労度が抑えられることから、
このペースで行けるはずだと思ってます。
いわきは、坂と風が課題ですけどね。


さらに、ちなみに。。。
股関節とお尻からハムまでが筋肉痛ですが、
生活に支障はない程度で済みました。
また、脹脛は無事です。
これも成果ですね。


最後に
今回、戦友(!?)のM氏と。
27046400_942659279231685_1113309415_o.jpg


そして、
全員でお疲れさまでした!
27140282_1579252345497928_997683336_o.jpg



↓楽しいランが一番!応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニングイベント

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop