FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » 東京マラソン »【備忘録的まとめ】東京マラソン2018の前日から当日まで。

【備忘録的まとめ】東京マラソン2018の前日から当日まで。  

おばんです。

東京マラソン2018を備忘録的に振り返ります。


【レース前日】東京マラソン2018EXPO

仙台から新幹線で向かい、13時過ぎに東京ビッグサイトに到着。

まずはゼッケンを受取るために受付へ向かうと長蛇の列。
並び方がまさに“長蛇”でうねっていた。
結果として45分もの間、歩いたり立ち止まったりを繰り返し、やっと受け取った。
ビッグサイトの外まで並んでいたので、天気が雨ではないこと、
比較的暖かかったことには恵まれた。

ゼッケンの受け取りは、事前送付の受付票と免許証等で行う。
カメラ撮影(テロ対策?)もあり、これがスムーズではないために
長蛇となった理由と思われる。

その後、やっとEXPO会場へ。
IMG_20180226_083514.jpg

協賛ブースエリアは3つに分かれ、相当の出店があることから
一つ一つに時間を取られてしまうと足を使ってしまい、
翌日へのダメージが残りかねない。
ラン友とは二手に別れ、自分はさくさく進む組と行動を共に。

DSC_0639.jpg

アシックスとR×Lブース以外はあまり立ち止まらなかったものの、
結局は2時間近くかかって出口に着いた。
試供品や試食などの誘惑注意。
ヤマザキパンの「ランチパック」は各地の限定ものが勢ぞろいしているため、
かなり人気があることから行列必至。
これに並んだら大変なことになると思い、よっぽど買いたかったけど我慢。
他にもランニングシューズ・ウェアのジュエンも我慢。
とは言えクタクタになる。

一時別れたラン友とも合流し、
宿泊が同じ新宿である計4名でりんかい線に乗り込んだ。
新宿で晩ご飯はパスタ。
ご相伴し、翌日朝のエール交換を約束、
スタート前は早めの荷物預けとトイレ等も確認し、自分はカプセルホテルで就寝。


【レース当日】
5時起床。
スタートは9時10分
整列時間は8時45分

コンビニで買っておいたパスタとパン1個を食べる。それといつもの豆乳も。
ウェアに着替え、ゼッケンも着用OK。
ウイブレ上下の中にフリース1枚。カイロを背中部の下腹部に貼る。
ホテルを7時10分に出て、集合場所の「GATE1」には予定通り7時30分着。
DSC_0646_20180227220946bd1.jpg

シューズ円陣、エール交換する。
IMG_20180225_141713.jpg

別のラン友とも同じ場所で7時45分に待ち合わせするも来ない。
数分待つも現れないことから7時55分に「GATE1」を通り、持ち物検査等を済ませる。

その後は公式エイドで、
バナナ半分*2、アミノバリューの粉、ポカリのパウチをいただき、
荷物預け、トイレ(小専用)へ並び、整列時間〆切である8時45分より5分前にスタート位置に並ぶ。
トイレ行列等を考えると、ゲート通過時間が8時では厳しい気がした。
DSC_0649.jpg
DSC_0651.jpg
DSC_0650.jpg

9時時点で気温は5℃あったらしく、この日の格好でちょうどよかった。
首にBuff、Tシャツとそのインナーにはミレーの汗冷え防止のもの、アームカバー
7ポケットパンツ、ゲイター、ソックスはメリノウール滑り止め付。
シューズはターサージャパン。
補給食等は、
パワージェル梅*2、スポーツようかん*1、
MEITANサイクルチャージカフェインプラス100*1、
マグオンカフェイン入り*2、
アミノバイタル アミノショット*2、
塩分チャージ*3

今回、足底に出来た血豆の原因はシューズ内で足が動いたから。
靴紐については問題ない。
メリノウールは厚みがあり、足へのダメージを減らしてくれるため
フルでは欠かせない。
ただ、その厚みがある分、滑り止め部が厚みに吸収され
十分に発揮されないのではないかと手で触れてみて感じた。
こうなると他メーカーを・・・となるけど、メリノウールは気に入っているので
同メーカーの商品開発に期待して、しばらくは何か対策を考えたい。

【ゴール後】
動線が長いとか寒いのにどうとか色々意見はあるものの、
動いた方がダメージ回復には良いし、
寒さ対策で記念にまでなりそうな防寒シートを準備してくれている上、
ランチパック、バナナ、ポカリで必要な栄養補給がすぐできるので問題なし。
さらに、ボランティアの方々がたくさん声を掛けてくれるため
ヴィクトリーロードのようで心地いい時間であり、
完走気分を味わいながらゆっくり着替える時間は悪くない。
(ボランティアさんがいきなり拍手して「すごい!」と言うので
何事かと思ったら、自分のEゼッケンがBやCに混ざっていたことを
喜んでくれたようで、そんな感情を見せてくれることに驚いたし、
素直に自分は頑張ったのだと実感できたので嬉しかった。)

その後、走っているラン友を待ちながら
応援ナビで待っていてくれたラン友たちに報告。
実況中継して盛り上がっていたところに、
良い報告が出来たし、みんな喜んでくれたことで
さらに自分も嬉しくなった。
改めて、注目度の高い日本一のマラソン大会だと感じた。

日比谷公園に移動し、無料の整体で施術を受ける。
待ち時間は15分ほど。
それ以外にも親切に、相談にも乗ってくれて、
血豆にガーゼをぐるっと巻き、
テーピングにより歩行も楽にしてくれたため、
新宿のホテルまで無事に戻ることが出来た。

なお、移動については
ゴール近くの駅(日比谷)は使用不可(地下鉄利用できない)なので、
他へ歩いていくか、無料のシャトルバスで東京駅まで送られるか。
シャトルバスに乗ってみたら丸の内口に着きました。
DSC_0656.jpg




以上。
足りないところがあるかもしれないけど、
大まかにはまとめられたかな。

また来年出るつもりでいます。



来年はもっと前のブロックで出てPB更新したい!
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 東京マラソン

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop