FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:気づいたこと »姿勢を正すランニングフォームは良くなかった件。

姿勢を正すランニングフォームは良くなかった件。  

おばんです。

今日は朝一ゆるジョグ。清々しい一日の始まりでした。


さて、
結果が振るわなかった東北風土マラソン。

その前半のうちに、失敗レースとなる気がしたので、
何かやれることを見つけようと思いついたのが、走法について。

ずいぶんと時間があったことから、
よく言われるフォーム、姿勢を意識しながら走っていたら、
結果として、自分の中でまとめることが出来たのが収穫でした。


今回、ひたすら下腹部あたりを意識して、
引っ張られているような走りというものをやってみました。
ひたすら最後までw

答えは、
「これはちょっと違う」

その後の身体の状況でも痛感しました。
すごく足の甲が痛いです。

着地が前過ぎて衝撃吸収出来ていないからでしょう。
また、腕振りについてもどうしても「振らなければいけない」ほど力が入り、
自然な形を作るのが難しいことも判明。
無理して作るフォームっておかしいな。。。
このイメージを横から見た場合、
身体がまっすぐか、少し前に傾いている意識でしたが
それも上半身のみといった感じ。


自分の中での正解は、
横から見たイメージで、腰~お尻あたりを中心に、
ひらがなの「く」がもっとも安定すると確信しました。

そして膝も反対向きの「く」
そうしないと着地衝撃を吸収できないし、
スピードに乗るために力む。

自分の中で雲がかかっていたのが一気に晴れた感覚です。
なーんだ、そういうことか!\(^o^)/
↓応援クリックお願いします!
respect_marathon.jpg
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop