FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:レース »【レポ】名久井岳トレイルフェスティバル

【レポ】名久井岳トレイルフェスティバル  

おばんです。

名久井岳トレイルフェスティバルのレポ。
と言っても、トレランの場合はペースとかないので、
自分が頑張れたかどうかだと思います。

参考に、コース図と高低図を。
map-nakuidake.jpg
33596796_1011453269018952_1268109379274539008_n.jpg


今回、
レース当日は朝から脹脛の筋肉痛で、
コース序盤の上り基調で踏ん張れないと気付き始め、
直登の1つ目で脹脛は死んでしまいました。
激痛です。

登りではどうしても脹脛を使わないと登れないので、
痛みを最小限とするためにどの角度で上げようか、
浮かそうかと調整しながらの厳しいコースとの戦いでした。

ただ、時にはどうしても酷使しなければ登れない区間もあったため、
勢いで、ダーーーーーーーーーッ!と登り、
あとからまとめて痛い思いをする作戦も使いましたw

低山に急登は付き物ですが、
ここは標高差が500mはあったので、その区間が長いながい!

そのため、名久井岳頂上、
コース図で言う二つ目の山をクリアしたときはホッとしました。

下りは全然OK!
調子よく飛ばします(*'▽')
下りでは一度も抜かれなかったほど、かなり攻めていけました。
登りの分を巻き返さないと!って思ってましたからね。

そんな中でも、
みんなが歩いている上り区間でも自分はなるべく歩幅を小さくしてでも
走るようにしていたのでまずは良くやったというところでしょうか。
順位は真ん中より下だったので、ちょっと不満ですが、
もしかしたらこのレースのレベルは高かったのかもしれません。

CollageMaker_20180527_185556428.jpg
分かりずらいですが、
左が急登、右が走れる上りです。

以下の写真で、会場の雰囲気が伝わればいいな。
DSC_1104.jpg
DSC_1102.jpg
DSC_1098.jpg
DSC_1101.jpg
DSC_1097.jpg


参加者は300名ほどだったので、かなり少ないですが、
スタッフの方々は熱意をもって運営し、親切な方ばかり。
30kmコースのエイドは5か所あり、補給食も十分でなんの不安もありませんでした。
イベント等も充実で、また来たいと思える遠征でした。



今日は筋肉痛のためランオフ。
脹脛を思っていたよりも回復しているように思え、
少しは坂練の効果があったようです。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:レース

tb: --   cm: 2

コメント

昨日はお疲れさまでした。
途中で何度かスライドした赤の上下を着たおばちゃんランナーです。笑
急登が多くてグッタリ疲れました^^;
下りは落ち葉フカフカで楽しかったですね〜。

バード #- | URL
2018/05/28 21:28 | edit

>バードさん

えーーー!
よく、こちらまでお越しいただきました!
ありがとうございます^^

あのカッコいいスタイルの方ですね~🎵

確かにその通りで、あの急登の長さには参りましたし、
ピーク後の下りはそれまで頑張ったご褒美のように
気持ちのいいランでした(*'▽')

普段はトレランメインでレースは青森あたりが多いのでしょうか?
また機会があれば見付けて声掛けします('◇')ゞ

ペンドラ #wKydAIho | URL
2018/05/29 21:37 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop