FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:坂練 »富士登山競走に向けた坂練。第何回だったか忘れました(^-^;

富士登山競走に向けた坂練。第何回だったか忘れました(^-^;  

おばんです。

今日のスタートは早朝ランから。

他県のラン仲間が来仙するとのことで4時半起きし、
ホテルまで迎えに行き、練習会場へ6時着。
仙台のラン友に呼びかけ一緒にファンラン。
20180617_214014_rmscr.jpg
途中でガーミンを止めてしまったのですが13km走りました。


13時から富士登山競争のための練習会。
同じく山頂コースに参加するI氏と。
しかし、彼は3時間半を目指しているランナー。
自分はギリギリ4時間半で完走できるかどうかの瀬戸際ランナー。
あまりにも実力の差があるため相手にもならないと思っていたものの、
彼の練習方法は、4kmのリュックを背負い、自分が6分先行するというもの。
これだと追う方も追われる方も良い練習になるとのこと。

コースは13.5kmの泉ヶ岳~スプリングバレーを越えていくロード。
20180617_214029_rmscr.jpg
このちょうど中間のてっぺんまで。

先に自分がスタート。
朝ランの疲労感は特に感じなくて、少し足の付け根の骨あたりに違和感がある程度。
比較的、快調な滑り出し。
出来るだけ飛ばして行けるところまで!

自分のドリンクが揺れる音や足音が山では響いたりすることで、
追われている感覚がヒシヒシと。。。
逃げるのもなかなかのプレッシャーw
結局は9kmあたりで颯爽と追い抜かれました。
あとは差が広がるばかり。
そうなるとダメージが半端なく襲ってくる・・・
喪失感みたいな?
疲労感も。
心肺も急に苦しさが増す・・・

ゴールタイム差は3分。つまり自分よりも9分速いということ。
かなりの差でした( ;∀;)

彼の中では、これまでの練習パートナーでは速い方で、
なかなか良かったんじゃないですかとの評価をもらいましたが、
素直に喜んでいいのか、実績が無い自分にはわかりません。

それを喜んで練習をサボるのもどうかと思うので
引き締めていくくらいで自分の場合は良いですね。

かなり追い込めたようで帰りの下りはほとんどが歩きw
具合悪くなって歩くのもやっと。
お腹が苦しくて、足の付け根は真横も前側も痛くて下りがキツイ(>_<)

車で帰宅しましたが、しばらく倒れてました。

今はちゃんと食べて回復傾向ですが、これってハンガーノックっていうんです?
昼はパン2枚、たこ焼き2つ、お好み焼き半分と炭水化物をかなり摂ったんですけどね。
それでもあり得ることなのか?分かりませんけど。


respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop