FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » 富士登山競走 »富士登山競走の反省2018

富士登山競走の反省2018  

おばんです。

富士登山競走の反省。

fujitime.jpg

〇馬返し通過
1:11:19
その想定タイム
1:07:45

ここですでに差があります。
ただ、これはベストコンディションだった場合と自分でも思っていました。
スタートロスは1分30秒ほど。するとこうなります。

その想定タイム
1:07:45→1:09:15

実際には2分ほど遅かったことになりますが、
その理由は歩いたこともあります。
どうにもきつくてフラフラでした。
平衡感覚がハッキリしないような。

〇五合目通過タイム(馬返しから)
1:11:08
その想定タイム
1:02:13

想定タイムは2年前の実績ベースなので行けたはず。
脚攣りの時間はどれくらいなのかは計っていなかったので分かりませんが
2,3分のレベルでは無かったのは確か。
それと渋滞にハマったために遅れました。
そう考えるともしかしたら、それらが無ければ想定ペースで行けてたかも知れません。
それ以上でなければダメなんですけどね。


やはり、
馬返しまでのロードでもっと頑張らなければ行けません。

では、頑張れなかった理由は?

走りが安定していない感じはしていたので焦り?力み?
その後の脚攣りを考えるとそうなのでしょうか。

他に、普段から立ちくらみが多く、
馬返しすぎでも後ろに荷重が乗ってしまうような感覚があり、
もしかしたら貧血なのかも知れません。

とりあえず、前半のロードからしっかり走れる、
長くバテない脚作り、身体作り。そこからですかね。

respect_marathon.jpg
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 富士登山競走

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop