FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:坂練 »朝ペーラン、夕は坂練は+WS

朝ペーラン、夕は坂練は+WS  

おばんです。

昨日のインターバルのダメージはあるものの、
よく考えてみたら北海道マラソンが2週間後だったので
ペーランを20km以上やっておきたいと思い、
今日も昨日に引き続き、1kmトラックのある若林緑地へ。

■8/12日 約17km

515/kmあたりを通して行うことを目的に、
ウォーミングアップを兼ねて軽く入るとなぜか512/km。
身体は重く、軽く入ったつもりなのに速い。

その後も平均で452/kmほど。
途中からかなりの疲労度で身体はさらに重くなり
9周したところで、たまたまLSDで立ち寄ったラン友に遭遇。
早くもクッタクタだったので救いの神とばかりに、
そのまま一緒に走ることに。

「せっかくだから大年寺に行きましょう!」
大年寺
約2kmほど走るとある、仙台でも有数の階段の名所で、
自分計測で276段ある。
これを一気に駆け上がると絶対に脚がもたない。
とりあえずコース説明のために一回上がってからまた戻り、
再スタートして駆け上がると、意味が正しいかは分からないけど、
中腹ですでに脚に乳酸が溜まり酸欠状態。
そこからどうやって駆け上がれるか。
何とか身体を前に傾けながらゴールすると、
立っていられないほどの疲労に満足w
一応、自己ベスト更新。

その後、伊達家代々の当主のお墓を見学し、
ラン友とはお別れ。

そして、また若林緑地に戻るとそこにはまたラン友が。
今日は団体様で1kmTTをやるとのことで、
参加する体力もなくそのまま終了。


■8/12日 約9km

階段のダメージも昨日の疲労もハムに残してはいたけど、
やっぱり力まないイメージは掴んでおきたくなり、夕方に走る。

やっぱり坂かな。。。

いつもの坂道(6%)で450m*5
ゆるくでも良いと思っていたのに、
どんどん調子に乗って来て良いペースで上ると
下りでも力まないように工夫したほうが良いかもと、
身を任せると軽く400/kmを切れる。
下りメインの練習は今後もやっていくと繋がってくる部分が出てきそう。

当然、身体は重いのに下りで良い感覚を得られたから、
そのまま100歩のWSに入ると、昨日の走りがウソのように
340/kmで行けた。
こんな軽くで良いんだ!

そして、もう一本。
ふんわりと入り、50歩まではそのままで
そこから少し腕振りをより意識すると340/km。

さらにもう一本も340/km。

この感覚を忘れないよう。。。。
きっと忘れるけどw

色々と意識することはあるけど、
前傾は胸から倒れず、
力まずに腕振りをできたら、
脚もうまく蹴り上げられてるのかも。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop