FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニングフォーム »腕振りと骨盤の回旋

腕振りと骨盤の回旋  

おばんです。

未だに収まらない左臀部からハムの痛みは
それがあっても30kmを走り切れたのだから
大事に至らなければ良しとして深く考えないことにしました。

もちろん、「かたおくん」やストレッチでのケアは続けて行き、
走りながらの回復を目指し、不安をなくしたい。

■9/17月 ランオフ
■9/18火 朝ラン約12km

祝日の月曜日。
前日に計40kmを走っているものでも
それほどダメージは少なくて走れそうだったけど、
あえて止める。こういう時こそ慎重に行こう。

朝は隣近所の子供の泣き声で3時に起きてしまい、
走る時間は十分にあった。
それでも休むという、積極的休養が珍しい。
レースで自分に勝ちたければ焦ってはダメだと思えた。

それにしても
朝の3時から、幼稚園前の子供がギャーギャー騒ぐって大丈夫なのか?
あれはただ泣いているレベルではなく、痛いとか
例えば骨が折れたとかのヒステリックな部類だけど・・・
お隣さん・・・なんか怪しい・・・
でも声は掛けられないな。。。


今朝は4時過ぎ起床。
走りに出ると最近は真っ暗。
しばらく経つと、遠くの海の方から明るくなり、雲を照らす光景は何とも神秘的。
身体は重いけど、気分は良い。

一緒に周回30kmを走ったサブスリーランナーの動画を撮っていたので
何度も見返すと、明らかに自分との違いが見える。
ストライドが広い。
それを生み出しているのは腕振り。
肩回りがグルんグルんしている。
その割に拳はそれほど動いていない。
何でも「回旋」が大事だという。
骨盤との連動で中心軸を保ちながら
鎖骨から肩にかけてを前後に回すイメージらしい。
そういえば、走り出す前にそれをイメージするように運動していた。

自分は例えるならまっすぐ直立。
ブレはしないが、腕振りも足さばきも少ない、小さい。
明らかな差。

練習方針が見えた。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニングフォーム

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop