FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:インターバル »ヤッソ800撃沈と翌朝の追試

ヤッソ800撃沈と翌朝の追試  

おばんです。

急に肌寒くなり、
早朝は15℃くらいなので半袖短パンではヒヤッとします。

■9/19水 朝ラン10km(WS*3)、夜ヤッソ800*8
■9/20木 朝ラン10km(坂ダッシュ250*3、WS*3)

9/19水曜日は陸上競技場へ行く約束をしていた、その前に朝ラン。

4時15分に目覚ましをセットし、
スヌーズ2回目で起き、
準備してスタートしたのは5時ちょっと前。

疲労抜き目的でもフォームを意識しながら行く。

腕振り
骨盤


それぞれを意識すると全てが疎かになるみたい
1つずつ意識を移していくと
その度に他が疎かになるから
毎回とにかく1つのことに集中した方が良いと反省。。。

WSは瞬間的にも315/kmが出るようになってきた
いつか300/kmを切れるようになりたい。


その夜、弘進ゴムアスリートパークへ。
この日は4人。

・サブスリーランナーで野辺山100完走など坂にやたら強いA氏。
・あまりレースには出ないもののハーフ90分のB氏
・来月のみやぎ復興マラソンで初サブ4を目指すC氏
・自分

メニューは、A氏の発言でそれぞれのペースでのヤッソ800

フル3.15メニューである315/0.8km*10を目指しての結果

311
313
301
310
311
312
311
311
・・・撃沈。

3本目で速すぎた!
リズムを重視して取り組んではいたものの、
一度崩れたリズムを取り返せるほどの力はなく
ただただ苦しくなるばかり。。。

拳を腰より少し高い位置に持っていき
回旋を意識しながら
腕振りか肩振りなのか
とにかくグルんグルんして何とか身体を前へと運ぶ作戦

かなり苦しんでいたけど、
臀部~ハムの張りも強くなってきたので心が折れてしまい・・・T-T

なお、A・B氏はすべて300/0.8km切り。
C氏も平均で335/0.8kmほどだったらしい。

みんな確実に速くなってる。。。

自分はもっと練習しなければ!

ちょと思ったこと。
こういう練習は400mトラックならでは。、
スピードの違いで周回遅れになっても
見える位置に仲間がいて刺激になり
ヤッソはほぼ全力走に近いので目的をもって取り組めば
フォーム作りにも良い練習だなと。

その後、クールダウンを兼ねたジョグ6㎞で終了。
次回も腕振り、回旋を意識しながらリズムを作りたい。

それから帰って、なんらかんらとやっているとあっという間に0時。
早く寝て、明日は撃沈した追試をしなければ!


翌朝、
4時15分に目覚ましセットし、スヌーズ3回目で起き、準備してスタートしたのはやっぱり5時ちょっと前。

昨夜は
ストレッチ
かたおくんで解したものの
やはりそんな簡単に痛みは引かないし
何よりも疲労感が半端ない。
踵痛も相変わらず。

なので、
いつも通りゆーっくり走り出すと自然と730/kmほど。
6㎞過ぎから250m下り坂のダッシュを始める

300/kmをなかなか切れない・・・
足のダメージも残っており、止める。

このままでは終われない・・・
そのまま100歩WSへ。

下りのイメージそのままにダッシュし330/kmはまずまず。

次、
一瞬でもガーミンの表示に310/kmが見えた!
やっとキターーー!
この走り方だ!
推進力を得るための身体の使い方が少し出来た気がする!

ただ、かなりキツイ・・・
この態勢には慣れるしかないんだろうな。。。

330/kmが精いっぱいだった自分がやっとここまで来た。
300/km切る表示が見たい!

続けていけば見えるか!?
自分にもその日はくるものなのか?
 

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ランニング:インターバル

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop