FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:ショグ »疲労抜きのつもりがEペース

疲労抜きのつもりがEペース  

おばんです。

レース予定を更新しました。

■9/23日 泉ヶ岳トレイルラン 約27.8km
■9/24月 朝ラン8km
■9/25火 ランオフ
■9/26水 朝ラン13㎞

泉ヶ岳トレイルでの疲労、筋肉痛は
翌月曜日にはほどよく痛い程度だったので
適当に走って血流促進ラン。

走っていると徐々にキツくなってきたので、
きっと明日になったらヒドくなるはず。。。
と思ったら、予定通りに階段がキツく感じるほどにw
雨でもあったのでランオフ。

そして今日。
筋肉痛はあるものの(昨夜は)走っておきたい気分だったので
朝4時に目覚ましをセット。

しかし、なかなか起きられず・・・
いつものようにスヌーズ機能を使うも、
このまま通常起床時間にセットし直そうかと思ったほど怠かった。

でも、起きた。
こういうところから変えないといつまでも同じだ。

なんとか4時15分に起きる。
準備して走り出す。
外はいつにも増して真っ暗。
そして寒かった。

まだ筋肉痛が癒えないのだから
疲労抜きで良いと思えば気分的には楽。

今日の意識は骨盤周り。
脚を出すのと一緒にへそ辺りから前に出す。
実際、出るわけない。あくまでもイメージ。

ただ、今朝は疲れているのに調子が良かった。
いつものように700/kmオーバーの予定が、
なぜか走っていて乗ってきた。
脚を踏み出すごとにその脚の外側の筋肉が痛いのに、
ほんとに骨盤が前に出ているかのようにスピードが上がる。

ほんとに脚が痛いのだから止めてくれ!
と思いつつも、このまま行ける感覚もあり、
行けるところまで行くことにした。

早朝の空腹にも関わらず、
息も切れないで600/kmを切ってきた。
いつもなら無理な速度。

でも、まだ行ける。
勝手に動いているように思えた。

この感覚は良い感覚なんだろうか?
テナントガラスを確認すると
姿勢は直立なのに脚はガシガシ動いている。
まるで箒、掃除しているかのよう。
客観的に自分をイメージすると後傾気味だと思ったけど、
そうではなかった。前傾にも見えないけど。

530/kmも切り、それでも余裕で走れる。
自分にはEペースだから呼吸は弾むほどのはずなのに。

さすがに筋肉痛だけは残っているので
キリの良いところで止めたけど、時間が有ったら
もっともっと走れたかも。

これって、こういう走り方もありってことなのかな?

平均ペース536/km

9月走行距離337.8km
このまま行けば自己記録更新できそう。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:ショグ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop