FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:気づいたこと »疲労抜きジョグで週末練への繋ぎ

疲労抜きジョグで週末練への繋ぎ  

おばんです。

■2/18月 観光朝ラン 3.5km
高知駅~はりまや橋~高知城
暗い中をゆっくりと走る。
昼間とはまた違った魅力・・・は感じられなかったw


■2/19火 ランオフ
かなりの疲労残り。
臀部~ハムは相変わらずでかなり根が深い。

■2/20水 夜ラン 6.1km
朝は起きられなかった。
体調確認ランだけど、まだまだ疲労残りあり。
いつもよりもダメージがある気がするけど、
これってフルだけのものではないような気がしてきた。
23㎞ですでに疲れていたこと、
35km以降の失速はそれまでの疲労が原因かも。

■2/21木 朝ラン 9km
朝ランは久しぶりな気がした。
やっぱりハムが重いから、ひたすら疲労抜きに徹する。
週末に練習ができるのかと不安になって来たので
夜ランは止めておいた。

■2/22金 朝ラン 10.7km
疲労抜きに徹するつもりが思いの外、
ハムのダメージが抜けた。
こうなってくると動けそうな気がしてきたし、
明日へ向けての刺激入れを含め、坂ダッシュ450*5
しかし、3本目からはいきなりキツいw
まだまだダメージはあるんだと思うほど疲弊した。
ただ、富士山はこんなものじゃない。


高知の反省としては、やはりペース走不足。
間違いない。
二週間前に30㎞走を1本のみではね。
練習量は十分でも
インターバル等のスピ練をフルに生かすためには、
その中間の練習による余裕度の確認が必要。

これで今後の練習は確立できる。
スピ練、疲労抜きジョグ、レース前ペース走

つまり、
メニューは二極化とその中間走

あとは坂練(スピ練)か。
スッキリした。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:気づいたこと

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop