FC2ブログ
Sendai Runner.継続は力なり日記 ~Persistence will pay off~ ホーム » ランニング:坂練 »坂練再スタート

坂練再スタート  

おばんです。
未だに風邪引き・・・どういうことでしょうTT


■5/25土 早朝ラン16km、山練9km
ラン友さんが走りに来る連絡が入り、
6時から河川敷トラック集合となるも
最近、調子が上がらないため早めにジョグろうと5時半に行く。
すでに二人いたw

ゆっくり走り始めると、
一人、二人と増えていき、結局は10人くらいに。
毎週、決まった場所と時間を決めておくと
こういうことにもなり、こうなればいいなと思っていたことが
現実となり嬉しい限り。

間に800mダッシュで刺激入れ。
準備としては十分で坂練しようと思ったけど、
山に行きたいという話が出たので
そのうちの6人で泉ヶ岳へ向かう。


やはりここは自分が先に行かないと!
そして、足音が近づいて来ると焦るから、
頑張ってある程度まで行き、後方までを待つパターンで山頂まで。
水神コースという、比較的上りやすいコースを行くと
フリーペーパーの取材を受ける。
興味津々にトレイルの話を聞いてくれた。
次の号に載るらしいけど本当だろうか?

ここのコース時間は1時間50分。
もちろん登山ペースでのものだけど、
1時間10分で着いたことは、
その取材、休憩や記念写真など込みの時間だからみんな速い!
しばし休憩・・・後は
お楽しみである下り。
北泉ヶ岳側に下りて、来たコースから戻る。
渡りやすい岩場とちょうど交わしやすい木の根、
スピードに乗り走りやすいトレイルと
ここは本当に楽しい区間でいつも良い練習になる。


■5/26日 山練13km
昨日の疲労がある中で無理に走らず、
ゆっくり登山しながら姿勢や脚の動かし方を確認。
今までは何が何でも走らないといけない!
みたいに思っていたけど、こういう時間も必要だと
思えるようになったのかな。
しっかり動かせるようになれば、
この状態でもある程度は上れるし、
そこがダメでも下りに入ればスイッチが入り、復活できる。
いい感じに下れたのは、昨日の感触が良かったからかな?
ゆっくりはゆっくりで妙に疲れた気がするけどw


■5/27月 夜ラン6.1km
疲労抜き。
徐々にスピードを出せる気分も
焦らずにゆっくり。

実業団ランナーの動画で、
重要な動きだという、その場で行う片足での走る動作確認を観た。
また、プロトレイルランナー奥宮俊祐さんのその場での駆け足の動画も。

やってみたら出来なかった。
あんなに速くできない。
その理由は、左右でスムーズに動かせていないから。
その場でできないのに、走ってできるはずがない。

速く走れない理由がわかった気がしたので
ラン中に取り入れると、なるほど自分はバランスが悪い。
左右で踵あたりの軌道が違うことに気付けたので
続けて行こうと思う。


■5/28火 早朝ラン6km
4時起き。すぐは起きられなかったけどw
起きてすぐはまともに走れない。
だからこそ、昨日の動作確認をやるべきだと言い聞かせて、
バウンディングも併せて行う。
とりあえず、身体は起きたようで、
後半では自然と良いペースで走れた。
すぐ止めたけど。


■5/29水 夜ラン10.1km
疲労抜きジョグを2日すると動けそうな気になれるみたい。
ペースもだけど、距離もほどほどに抑えたのが良かったかな。
これは続けて行ってみよう。

ということで、坂練。
今週末はトレイル大会があるので思いっきり追い込まずに
それなりに負荷を高めながらも蓄積されないようにとペースは緩め設定に。

平均15%勾配の上り250mを90秒くらいでノルマは5本。
緩くといってもキツいものはキツい。
骨盤回りと上がるときのハムからお尻を常に意識して、
脚が上がらないところが勝負って感じ。
大体、88~85秒くらいで予定通りを7本。
8本目はダッシュして75秒。
ダッシュと言ってもこんなもんなんだw

坂練上りをすると、その後の走りが変わることはずっと分っていたけど、
それが膝蹴りの幅が少なくなったことによるものだと改めて思ったところで
後ろへの蹴り上げを意識し、膝を早く前へ持ってくることで
さらによくなる気がした。
無理に蹴り上げなくていいし、リラックスしてとにかく早くだ。
これが骨盤後傾を修正できる動きなんだ。
姿勢としては結構キツイけど慣れるのかな?

その後、
その姿勢のまま100歩の流しを3本。
やっぱりこれだいい方法だと明るい気持ちになれた。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ランニング:坂練

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop